目薬がニキビにも効くって本当なのでしょうか?目薬でニキビが治ったということがネット上で噂になっています。ニキビが治らなくて藁をもすがる思いはわかりますが、なにもわざわざ目薬でチャレンジすることもないでしょうと思ってましたが、内容を見てみるとあながちありえなくはないなという印象。

目薬

考えてみれば皮膚よりデリケートな目に使える薬なので安全性は確かなんですよね。そういえば笑美も子供のころに蚊に刺された脚に目薬をつけたことがありました。部屋にキンカンなどのかゆみ止めがなかったので、痒さをごまかすために手元にあった目薬をたらしたんです。あまり効いた記憶はないですが…。

ただ、目薬にもいろいろ種類があるのでどれでもいいというわけではありません。目薬にはコンタクト専用のものや疲れ目用などたくさんの種類があります。ニキビに効く有効成分の入っているものを選んで使わなければいけません。

それではどのようなものを使って効果があるのかというところを見ていきましょう。

ニキビに効く目薬ってどんな目薬?

ニキビに効く目薬選びのポイントは「塩酸テトラヒドロゾリン」が配合されているかということです。塩酸テトラヒドロゾリンは目の充血用目薬に配合されている成分で、血管の収縮作用がある成分です。充血は目の血管が拡張することで起こるので、血管収縮作用のある成分が充血を抑えるのに効果的です。

ニキビの炎症部分も血管が拡張していますので血管を収縮させることで赤みがかった炎症が抑えられていきます。さらに炎症を抑えるビタミンEやニキビの改善に効果的なビタミンB群などが配合されている目薬もあるので、これらのビタミンが配合されているものだと尚効果的です。

さらにニキビ専用石鹸などの有効成分として使われる抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しているいかにもニキビ用?と思わせるような目薬もあるので、全てが配合されているオールインワンの目薬の方が効果が期待できそうです。

目薬をニキビに使用する場合の注意点

  • 目薬の種類によってはいかにもニキビに効果がありそうな成分が入っていますが、あくまでも目薬は目の粘膜に使用するために作られているものです。目に使うぐらいなので安全性は高いと思いますが必ずパッチテストを行うようにしましょう。
  • 刺激の強いメントール系の成分が配合されている目薬もあるので購入時には必ず成分を確認してください。
  • 初めて使用する時は様子を見るために寝る直前などに使用するのはやめておきましょう。
  • 一番気をつけなければならないのは誰にでも効果があるというわけではないということです。裏技的な方法で目薬は本来ニキビを治すためにできているものではないということを十分理解しておいてください。万一おかしいな?と思ったらすぐに洗い流し、場合によっては医師に相談しょう。

ニキビのための目薬使用方法

使い方はいたって簡単。ニキビに直接目薬をたらしてはいけません。

用意するものは綿棒またはコットンと目薬だけ。

  1. 綿棒に目薬をたらす
  2. 綿棒をニキビに軽く押し当てるようにして塗布

これだけです。

目薬がニキビに効く!?やってみる価値あるの?まとめ

簡単にできますし、実際にわずか数日でニキビが改善したという口コミもあるのですが、笑美としてはわざわざやってみることもないかなぁという意見です。

塩酸テトラヒドロゾリンに血管収縮作用があるとしても一時的なもので、目薬の効果が切れれば血管ももとに戻ってしまいますし、他の有効成分以外にもいろいろな成分が入っているのでニキビに効果的かどうかはわかりません。有効成分の配合量もニキビケアに適した配合量ではありません。

ただ、結婚式の前日にニキビができてしまってどうしても翌日までに治さなきゃいけない!なんて時には試してみる価値があるかもしれません。リスクもありますが塗ってっ少し様子を見て問題なければありかもしれませんね。

一時的な改善ではなくしっかりニキビを治すのであればやっぱり体内改善をしていく必要がありますよ。

>>ニキビを繰り返したくないならホルモンバランスから改善