ホルモンバランスを整える方法はいくつかありますが、笑美がニキビを治すためにホルモンバランスを改善しようと思い利用したのがプラセンタです。なぜホルモンバランスの乱れを改善するのにプラセンタを選んだのかを簡単に紹介しておきます。

笑美はプラセンタのおかげでニキビが解消したと考えているほど、本気でニキビを解消したいと思ったら表面的なニキビケアだけでなく体の内側からのケアも必要だと考えています。プラセンタに出会い、現在では友人から「肌きれい!」と言われるほどニキビのないスベスベ肌を実現しました。

ニキビ女史

なぜプラセンタを選んだのか?

ホルモンバランスを整える方法はいろいろある中なぜ笑美はプラセンタを選んだのかということですが、一番のポイントは身体を育むということです。

ピルや大豆イソフラボン、プエラリアなどはホルモンを補充するような働きがあるのでホルモンバランスを整えるには手っ取り早いかもしれませんが、ピルはホルモン薬で副作用や長期的なことを考えるとニキビ改善を目的にホルモンバランスを改善するためにはちょっとリスクがあるような気がしましたし、大豆イソフラボンやプエラリアも不足分を女性ホルモンに似た働きを持つもので代用して補うというものです。

補うのもいいのですが、これだと常に補っていかなければなりませんし、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大切で、エストロゲン様作用のあるものを一方的に過剰に補うことによる副作用のような症状が出る可能性も否めないということあります。


漢方その点、漢方とプラセンタは似たようなところがあり、症状に直接働きかけて症状を抑えるのではなく、症状の原因に働きかけて症状が出ないような体質に改善していきます。体質を改善することでホルモンの分泌を正常に行うようにすることでホルモンバランスを整えるという考えです。

不足したホルモンを直接補うのではなく、身体が元々持っているホルモンを分泌する機能を正常に働かせることを主目的にしているのです。ただ、ホルモンを補充するような直接的効果はないですし、体質改善には時間がかかるのですぐにホルモンバランスが改善されるということはないという欠点はあります。

ではなぜ漢方ではなくプラセンタなの?という所ですが、これはけっこう子供じみた理由もあります。

漢方は処方された漢方薬が体質に合うとものすごく効果を発揮するのですが、体質に合わないとなんの効果も感じられい場合もあるそうで、ある程度効果を見極める期間も必要なうえにやっぱり合っていないなどと言われるのも嫌ですし、忙しくて漢方薬局に何度も脚を運ぶのも面倒という理由もありました。

さらに漢方薬に使われる生薬は原料の質に非常に左右されやすく、どこでどのように作られたものかということで同じものでも価格が大幅に変わり、その効果にもやはりおおきな差があるそうなので、効果が見られない場合に配合がダメなのか原料の質がダメなのかというところも見極めが必要だそうです。


プラセンタとホルモンバランスプラセンタにもいろいろ種類はありますし原料によってということも言われますが、漢方ほど事細かに影響を受けることはないですし、サプリメントなどは処方の必要もないので手に入れやすく何かと忙しかった笑美でも続けられると思いました。

プラセンタには現状20もの薬理作用があるとされていて、それらが相乗効果的に働きあって様々な症状の改善に働くとされています。その肝になるのがプラセンタに含まれる成長因子の働きで、成長因子は傷ついた細胞や古くなった細胞の細胞分裂を促す働きがあり、若々しい細胞を生み出すことで身体の老朽化を防いでいきます。

細胞が活性化され代謝が促進されることで身体の各器官や機能を健全に保ち、衰えた器官や機能を再生させる働きが期待されます。プラセンタの他にはない最も特徴的な働きは再生し育むということです。

ホルモンバランスの乱れの原因はストレスや睡眠不足、冷えやダイエットなど様々ありますが、プラセンタはこれらの原因となる症状を緩和・改善する効果が期待でき、女性ホルモンの分泌を調整するという働きもあります。ホルモン様作用をする成分の補充ではこの調整という働きがありません。プラセンタには女性ホルモンの分泌を促すとともに調整してくれる働きがあるのも特徴です。

近年プラセンタは美容効果が最も注目されていますが、プラセンタには美容効果の他にも身体を育む効果が期待でき、強いて言うならこのような働きの結果美容効果も得られるというのがプラセンタの美容効果なんです。

笑美もホルモンバランスを整えニキビが改善された先の美容効果まで狙っていたのは言うまでもありません。