さちさん 20代  女性  敏感肌

15~25歳くらいまで、長年ニキビに悩んでいました。 中学校後半から徐々にニキビが出来てきて、高校生の頃には顔全体がブツブツとしたニキビが出来てしまいました。 20歳も過ぎればニキビも落ち着いてくるかなぁと思っていても、なかなか落ち着かず、顔のどこかにはニキビがある状態が続きました。

高校生の頃は、ニキビが首や背中まで広がり、体育の授業のプールなとでは恥ずかしい思いをしました。 額には常にニキビがあった為、前髪を分けたり額を出したりする事が恥ずかしく、髪型も自由にアレンジすることができませんでした。 また、鼻にもニキビができてしまうことが多く、鼻が膨らんで見えたり、真っ赤に腫れて痛く、それだけで憂鬱な日々を過ごしました。ニキビ1つで気分は落ち込みます。色々な人に会うのも億劫になったり、社交的になることができず辛かったです。

お化粧でカバーしようと思っても、ニキビで腫れている感じや真っ赤になってしまった所は上手く隠すことができなく困りました。 髪型を髪の当たる所にニキビが頻繁に出来るような気がしてなるべく顔にかからないようにしようと思っても、ニキビがたくさんある顔を出すのも恥ずかしかったです。


ニキビ予防中学生の頃は、市販のアクネ菌などの殺菌効果のある洗顔料などを使用していました。しかし、肌に合わず逆にニキビや肌荒れがひどくなってしまいました。

高校生の頃は、運動部に所属していたこともあり、汗や砂に塗れることが多く、頻繁に洗顔することを心掛けていましたが、これもなかなか改善されませんでした。

大学生になり、お化粧をするようになったら、化粧品と肌との相性が悪く、ニキビや肌荒れが悪化したりする時期が多くなりました。化粧品をアルコールフリーのものに変えたり、洗顔料を天然由来成分を使用しているものに変えたりしましたが、今度は落としきれなかったファンデーションなどが毛穴につまり、それがニキビの原因になってしまいました。

何をしてもニキビや肌荒れを解消することができなかった為、皮膚科に行き、ニキビ治療をしました。塗り薬を処方され、目立ったニキビは減っていき、徐々にキレイになっていきました。しかし、ニキビの元となるコメドがなくならず、皮膚科に通うのも辞めてしまいました。

現在は、市販されている乾燥肌用の化粧落としでしっかり化粧を落とし、お風呂でニキビ予防の洗顔料を使用して洗顔し、キレイなタオルで拭き、敏感肌用の化粧水、乳液を使用してニキビ予防をしています。この方法に変えてから、すっかり肌がキレイになり、ニキビも全くできなくなりました。