麗さん 30代 女性 普通肌

化粧水パックニキビや肌荒れを治すにはクリームよりもピーリングより化粧水パックなどによる保湿が肝心だということを改めて実感しました。

1年ほど前まで、肌に関して悩んだことはほとんどありませんでした。それどころか人からは良く、いつもツルツルだねとかたまごみたいだねとか、色白でモチモチしてるねと言われていたので何も気にしていませんでした。

ところが半年ほど前から、仕事でホテル暮らしが続き、また勉強もしていたので忙しさにかまけて保湿を怠ってしまいました。それまで、特別なことは何もしていなかったのですが朝晩の保湿だけはしつこいくらいにしていて、肌はいつも水分をいっぱいに保ったプルプル状態でした。それを怠り、お風呂から出たらちょっと手に取った化粧水を肌に乗せるだけで、すぐに寝ていました。

そこからだんだん、だんだんと肌が荒れたのです。まず化粧ノリが明らかに悪くなりました。ファンデーションの伸びは悪いし、顔色もくすんでいて、冬でも日焼けが気になりました。鼻の横の肌が毛穴開き放題で見るからに汚く、カサカサで頬にいくつもニキビができました。

なんでこうなるんだろう!?と思っていろんなものを上から塗ったり、ピーリングしたりしますがますます悪くなりました。

お肌の乾燥が日焼けの原因に?肌は時間をかければかけるほど結果がついてくる

そんな時、友人が何日間かうちに泊まっていて、夜は話しながら毎日化粧水パックをして、話しながらパッティングして、朝も化粧水パックをして、という生活が一週間続きました。すると、あれほど気になっていたニキビはみるみる小さくなり、肌は白く、毛穴もキュッとしまったのです。

あれほど化粧水の上からクリームを塗ったりして、日中は美容液入りの化粧品を使ったりしてもよくならなかったニキビが、1本2000円ほどの化粧水で100円均一でかったコットンを使って化粧水パックをしただけで、驚きの回復でした。

聞けば、乾燥した肌はテラコッタのような焼き物と同じでよく焼けるそうです。水分を含んでいないから、よく日焼けをし、水分がないから脂がでてきてテカテカになり、それが残ってニキビになり、それをよくしようとピーリングなど激しいケアをするから余計にカサカサになり、というとてつもない悪循環だったようです。

安物でもいいから、とにかくよく保湿をする事。それが本当に大切なようです。

肌は、時間をかければかけるほど、結果がついてくるとよく聞きますが、本当にそうだなとこの時痛感しました。保湿をしっかりして、たくさん水分を蓄えた肌にし、ハツラツとして毎日働くことでまた血行がよくなり、おしゃれも楽しくなりました。美肌をこれからも守っていこうと思います。