私は特に脂っぽい肌ではなくどちらかというと乾燥肌だと思っていましたが、中学生になったころから鼻やおでこなど、いわゆるTゾーンと呼ばれる箇所にたまにニキビができるようになりました。混合肌というのかもしれません。ただその年代は誰でもニキビの一つや二つはあるものだと、あまり気にしていませんでした。

修学旅行

想い出の修学旅行直前に一番目立つ所にニキビが発生

ですが高校生の時、明日から修学旅行に行くというタイミングで、突然ニキビができました。しかも鼻の下にです。すごく大きいし、赤くなってしまって遠目にみてもわかるほど目立っていました。場所も場所ですしすごく恥ずかしかったのですが、わたしが特に気になったことは明日から修学旅行に行くということです。

修学旅行先では普段よりも写真を撮る機会が格段に多いです。個人個人でも撮りますがクラスの集合写真や、学校のカメラマンさんが撮ってくれる写真、卒業アルバム用の写真など、とても多くの写真を撮ります。そのあとにも残るような写真にこの顔で映るのがとてもとても嫌でした。でももう修学旅行に行くのは明日ですし、今から治るわけがありません。

その日は一応ニキビに効く塗り薬を塗ってから就寝しましたが、次の日の朝起きて見てみても、ほとんどよくなっていませんでした。仕方なく私はそのまま修学旅行に行き、その顔で過ごしました。

修学旅行の思い出はニキビ?肌ケアを意識するように

当然周りの友達も気がついて「そのニキビどうしたの?痛そうだね」と言われたりしました。写真にもそのまま映りました。あとから写真を見返すと、すごく近くから撮ったもの以外は思ったより目立ってはいませんでしたが、今でも高校の修学旅行を思い出すと、そのニキビのことを思い出すくらい印象深い出来事でした。

それまではニキビをそれほど気にしたこともなく、肌の手入れにもこだわりはありませんでしたが、その出来事をきっかけにして、自分の肌に合った肌ケアを考えるようになりました。

やっと自分に合った基礎化粧品にめぐり合いニキビ撃退

それからいろいろな基礎化粧品を試しましたが、私はもともと肌があまり強い方ではないですし、混合肌なので潤うけどニキビがすぐにできてしまったり、ニキビは減るけど頬などが乾燥してしまったりと、なかなかうまくいきませんでした。

しかし、2年ほど前に出会った基礎化粧品を使い始めてから、ニキビが驚くほど減り、今ではほとんどできなくなりました。ニキビが一つでもできると写真も撮りたくないし、憂鬱な気分になります。自分に合った基礎化粧品が見つかりニキビを撃退できたので今は幸せです。