みーままさん 20代 女性 混合肌(やや脂性肌寄り)

ニキビや肌荒れについての理解を間違えてしまっていたために改善まで苦労しましたが、いまでは自分の肌に自信を持てるようになりました。

私は小学校高学年の頃からニキビができ始めました。いつも顔はテカって、毛穴は開き、赤ら顔でしたがそれが当然のことだったので気にしたこともありませんでした。私の母も似たような性質だったので、何か言うこともなく、「時期が過ぎれば落ち着くわよ」といった感じで、対策を一切せずに過ごしてきました。

やがて中学、高校に入学し、化粧をするようになりましたが、テカり肌のせいですぐにファンデーションは落ちてしまい、化粧崩れがひどく、友達は朝化粧すれば夜まで平気で崩れない子たちばかりで、どうして私だけ…と悩むようになりました。その頃の私は知識が全くなかったのでとにかくファンデーションを厚塗りすれば化粧崩れが防げると思い何重にもファンデーションを重ね、クレンジングも大してせずにそのまま寝てしまうということを何度も繰り返していました。そうしていくと、よりニキビは増え、毛穴は開き、ますます赤ら顔になり、肌トラブルは増えていきました。


ニキビ・肌荒れそんなある日、何気なく見ていたテレビで肌荒れ予防はしっかりと化粧を落とすこと、と放送していまた。今となっては当然のことなのですが、その時の私は本当に驚き、まずしっかりと化粧を落としてみることにしました。メイク落とし入りの洗顔料を水で伸ばさずごしごし、強く洗いました。ごしごし洗うことがしっかりと化粧を落とすことだと思ったのです。確か季節は冬でしたが化粧水や乳液は面倒くさかったので一切つけることはありませんでした。洗顔後すぐに顔がつっぱりさらさらとしていましたが、テカるくらいならさらさらしてた方が化粧崩れがなくなるだろうと思っていました。ですが、自分の意に反して、ニキビは増え、余計に肌荒れが起こりました。

その後もテレビや雑誌で得た知識でいろんな洗顔方法を試してみましたが、一向にニキビは消えず、相変わらずファンデーションは何種類も厚塗りしてニキビや肌荒れを隠し、すっぴんを他人に見せることもできず、友人と旅行に行ったときは悪いと分かっていながらもファンデーションを塗ったまま寝ていました。高級な化粧品、洗顔料、何種類もの美容クリーム。いろんなものを試しましたが、どうにもなりませんでした。

就職して接客業の仕事に就きましたが、お客様が私の顔を見るだけで、ニキビが汚いと思われてるのではないか、肌荒れがひどいと思われてるのではないかと考えるとお客様の顔を見返すこともできず、夏場でもマスクをして隠すようになりました。


そして、たまたま立ち寄った薬局でとてもお値打ちな洗顔料を見つけました。そういえばこの洗顔料、インターネットでも評判よかったな、なんて思いつつも当時使っていた洗顔料の10分の1以下の値段でしたが使用してみることにしました。その隣にあった洗顔ネットも気分で購入することにしました。

思い込みさっそく使用してみましたが、まず、少量の洗顔料を洗顔ネットで伸ばすということが信用できませんでした。そんな少量でニキビが消えるわけないと思っていました。説明書には、優しく撫でるように洗顔するとも書いてありましたがそんなんじゃ汚れなんて落ちないよ…と思いながらもやってみることにしました。洗顔後、鏡を見て驚きました。あんなに悩んでいた毛穴が目立たず、赤みもすこし消えていました。化粧水も塗らないことが多かったけど、しっかりと塗り、べたつきが嫌だった美容液も少量でふたをするように塗る。たったそれだけしかしてないのに、翌朝、ニキビは少し消え、何よりもファンデーションのノリがよかったのです。いつもなら、化粧して2時間くらいすると化粧崩れが目立ちましたが、夕方ごろまで気にならずとても調子が良かったのを覚えています。

家に帰り、面倒くさくてもすぐに化粧を落とし、また優しく洗顔をしてしっかりと美容液をつける。1か月くらいその生活を繰り返すと、なんとニキビは消え、肌荒れも治り、化粧崩れがほとんどなくなりました。


私は今、ほとんど高い化粧品は使わず、薬局で購入できる手軽なものを購入しています。水分量をチェックしてもらうと、水分量が少なくて油分が多く出てくる肌質ということも分かったので、季節によって化粧水を変えたりしています。そのおかげなのか、もうトラブル知らず。ニキビも肌荒れもテカりも毛穴の開きもなくなり、ノーファンデで出勤できるくらい自信がつきました。

もちろん、高い化粧品は値段に見合った効果があると思います。ただ、高いからといってそれが全て自分に合っているわけではないと思いました。自分の肌がいま、なにを求めているのか?何を訴えかけているのか?しっかりと自分の肌と向き合うことが大切だと思います。