なおさん 20代後半 女性 混合肌

洗顔に重点を置いたスキンケアでニキビだらけの肌がニキビ知らずの肌へ改善されました。

私は10代の思春期の頃から20代前半の約10年間ずっとニキビに悩まされ続けました。ちょうどその年代といえば、オシャレや化粧に目覚め始め、同性異性の両方の視線が気になる頃です。

思春期ニキビといえば多くの同年代がなっていると思っていたのですが、私の周りの同級生は小さいニキビができている子は多くいたものの、私のように真っ赤に大きくなっているニキビが小鼻やオデコにできている子はあまりいませんでした。周囲に沢山いれば、思春期だから仕方ないよねと笑っていられたのですが、周囲と明らかに違う自分がとても恥ずかしくて、どうしたらニキビが人目にふれないかと常に考えていましたニキビだらけ

そしてニキビには悪影響と知りつつ、オデコのニキビは前髪を長くして隠し、小鼻のニキビは指で潰してウミを絞り出して一時的に小さくし、赤くなっているのが目立つので上からファンデーションを塗って隠していました。そんな肌に悪いことばかりしていたので、どんなに家に帰ってから洗顔や化粧水などでケアしてもニキビは治らず、常に同じ部分にでき更に新しいニキビができていくという悪循環でした。このままではずっと治らないのではないかと不安に思い、数日間人目がある所でもニキビに刺激のない生活をしようと取り組んだのですが、その時友人にニキビがいっぱいできていると指摘を受けて、それからはより一層人目が怖くなって、また肌に悪いケアばかりしていました。


そんな生活を学校を卒業するまで続けており、社会人になる前に長期の休みがとれたので、この期にニキビを綺麗に治そうと、ニキビや肌荒れに良いといわれる化粧品やケアの方法を調べては試しを繰り返し、やっと自分にあったケアの方法を見つけることができました。

私の肌は混合肌で脂性、乾燥すると皮脂が多く出てくるという困った肌でした。皮脂が多く出てしまうので毛穴にその皮脂が溜まってそれがニキビに変化し、肌を過剰に洗いすぎていたのでその刺激が乾燥を招いていたのです。そのことを知り、化粧水や乳液で保湿するのではなく、まずは洗顔で毛穴の汚れや皮脂を綺麗に落としてからではないと浸透しないことに気づき、洗顔に重点をおくケアを実践し始めました

洗顔の流れは、クレンジングで顔の表面と毛穴に入った化粧を浮かせて落とし、洗顔は粒子の細かい泡が作れる商品にこだわり、沢山の細かい泡で円を描くようにして顔を洗うと、毛穴の奥まで泡が入り込み汚れを落としてくれるのです。洗い流す時は、シャワーや温度の高い湯で洗うと刺激や乾燥を招いてしまうので、ぬるま湯より少し冷たいくらいにして、手で湯をすくい顔をつけるようにして優しくすすぐと肌に刺激がありません。そして洗い残しが無いように、綺麗な湯で30回くらいすすげば毛穴の奥まで綺麗に落とすことができるのです。

実践してみてから一か月くらいで、ニキビが小さいウミがでないものに変わり、何度も潰して赤いニキビ跡になってしまった所は、赤みが少し薄くなりました。数年続けた今ではニキビが嘘みたいになくなり、また出来にくくなって肌のキメも細かくなったように感じています。ニキビだらけだった肌がニキビ知らずの肌に改善されたんです。同じように悩んでいる方は是非実践してもらいたいなと思います。