肌の表面からではなく、体の中からのニキビケアに注目してたどり着いた酵素風呂で代謝改善、赤らみもなくなりました。

私は、中学生の時から社会人1年目までの多感な時期にずっと、頬に広がるニキビに悩まされてきました。頬だけではなく、定期的に鼻や顎にも出てきました。この時期というのは、恋愛にも興味出てきて楽しい学生生活を送るときです。この時は自分の顔に広がるニキビの事を深く自覚してなかったので私もそれなりに楽しんでいました。

心ない言葉にショックを受けさらに間違った肌ケアを・・・

しかしある日の事です。部活動帰りにいつもよるスーパーで友達とお喋りしているときに、気になっていた男の子が友達と何やらわいわい盛り上がって前を通り過ぎました。その時の会話の一部に私の名前が聞こえ、そして「肌がきたないし」というフレーズも聞こえてきました。

とてもショックでした。笑いながら、男友達と笑い話にされていることが悲しくて悔しくて。この時から私の本格的なニキビ対策が始まりました。

まずは、あぶらとり紙を使い、油が少しでも浮いたらすかさず吸い取るを繰り返しました。洗顔も何を思ったか、綺麗に洗い流すのではなく、少しヌルヌルが残った状態で終わらせていました。洗浄効果が残るようにだったと思います。それに加え、お出掛けの際には目立たないようにと、上からお粉(おしろい)を使っていました。

今思い返すだけでもゾッとします。こんな事今じゃ絶対にしません。

あぶらとり紙も一切使っておりませんし、洗顔料も勿論きちんと落としています。お粉は使っていますが、きちんと下地を付けた後です。

酵素風呂で代謝を良くしニキビ改善

代謝そんな私のお肌も現在はとても綺麗になっています。これから紹介するニキビ改善方法に巡り会うまでは、高い化粧品やスキンケア用品をいろいろ試してきましたが、結局改善はしませんでした。肌の上からではなく、体の中からの事に注目してたどり着いたのが「酵素風呂」です。

初めは喘息を良くするために通っていたのですが、ある日顔の赤らみが薄くなっているのに気づきました。赤らみ=ニキビ集団です。お店の人に聞いてみると、酵素は体の中からじんわり時間をかけて温めていき血液の循環をよくします。その為、代表的な症例でいうと冷え症や花粉症の改善が期待出来き、またニキビもその一つだというのです。

この酵素風呂に出会い希望が出て来た私は約半年間、週に2回のペースで通い続け今の肌を手に入れました。代謝を良くすることが何より大事だったようです。あの頃の自分に教えてあげたいです。

今のスキンケアは、お風呂上がりに入り口に置いてある化粧水をすぐ塗り、寝る前に乳液を塗るだけです。元々がニキビの出来やすい肌だと自負しておりますので、回数はぐんと減りましたが、思い出した頃に酵素風呂は今も通っています。

>>体内ケアで代謝を改善プラセンタサプリメント