あざみ 20代 女性 混合肌

ニキビ改善の秘策はニキビに落ち込まず、自分に合ったニキビ対策を急がず見つけること。

中学生の頃にニキビができて以来、ニキビ肌でした。10代の頃は、「歳を取ればそのうち自然に治る」と言われていたためあまり特別なケアをしてこなかったのですが20代に突入しても一向におさまる気配はなく、「あれ?」と不安に思い始めました。

ニキビや肌荒れで辛いのは、やはり「使う化粧品が限られてしまうこと」と、「ニキビが気になって人前に出るのが億劫になってしまうこと」。

化粧品ニキビのない肌なら、クリーム系のファンデーションをバンバン塗ってなめらかなお肌を作りたいけれど、こちらはニキビの大敵です。また、つけ心地が軽く素肌に近い肌に!というファンデーションもありますが、こちらは素肌に近すぎてニキビがまったく隠れません。クリームチークも可愛いけれど、頬にニキビがあると塗った時に刺激してしまうしボコボコしちゃうし・・・。

そこで、なんとか試行錯誤を繰り返し、肌に負担少なめでニキビが比較的隠れる化粧品を自分なりに見つけました。

クレンジングとしてもニベアが大活躍

ファンデーションはパウダー一択です。で、なるべくミネラル系のものを。その上から、さらにミネラル系のフェイスパウダーでおさえます。これだけでもお肌の負担が減ったようで少し改善したのですが、まだまだニキビ自体はなくなりませんでした。ニキビに良いという化粧水も使っていましたが、あまり改善せず。

色々調べているうちに、「オードムーゲ」と「ニベア」にたどり着きました。

洗顔後、普段のお手入れの前にコットンにオードムーゲを含ませ、汚れを拭き取る様に撫でます。それから、普段のケアに入るのですが、これを夏場はニベア一本にしぼりました。冬は乾燥するので、ニベアの前にはと麦化粧水で保湿します。

そしてこの「ニベア」ですが、なんとクレンジングにも使えるのです。普通のニベアだと、硬すぎてうまく落ちないというかそもそも洗い流す時に水をはじいてしまって流せないのですが、「ニベアソフト」という柔らかめのテクスチャのニベアを使うと、するするとメイクが落ちます。マスカラも、よほど頑丈なものでない限り落ちます。これを使うと、クレンジング後もお肌がぷるぷるです。

お肌につける系のケアはこんな感じが自分には一番合っていました。

けれど、一番ニキビがよくなったなと実感したのはやはり「食生活」

一人暮らしを始めた頃、お金がないので毎日自炊し、お豆腐や納豆をよく食べていました。職場にもっていく飲み物も、当時もらいもののお茶っ葉がたくさんあったので基本緑茶。また、牛乳とアボカドが好きなので毎日取り入れていたら、かなり肌の調子はよくなりました。

人それぞれ、ニキビや肌荒れの原因は違うと思いますので、自分に合った肌のケアを探すのは結構時間がかかると思います。私が一番よくなかったな、と思うのは「落ち込むこと」。なかなかよくならないニキビに落ち込んでイライラしてという時期が、一番ニキビがひどかった気がします。気長に、マイペースに、メイクでまずは隠しながらでいいのでゆっくり改善策を見つけていくのが一番の秘策なんじゃないかなと思います。