ニキビで顔がボコボコになってしまった!これは困りますよね。ニキビが突然増殖してしまったり、悪化してニキビ跡になってしまったりして、肌が滑らかとはほど遠いボコボコ状態になってしまった場合、自分の肌ケアだけで何とか綺麗な肌に戻るのかということが一番気になるところだと思います。

ニキビは白ニキビ⇒黒ニキビ⇒赤ニキビ⇒黄ニキビ⇒紫ニキビと悪化していきますが、ニキビ跡になってしまう確率が高いのが黄ニキビと紫ニキビ。

ニキビによる肌のボコボコをセルフケアだけで治すには、遅くても赤ニキビの段階で対処する必要があります

何とかできる

ニキビ跡は改善はできても治すのは難しい

赤ニキビを過ぎてしまうとニキビ跡になる確率が格段に上がり、なかなかセルフケアでどうにかなるレベルではなくなってしまいます。

ニキビ跡というのは本来残る「跡」ではなく傷を意味する「痕」が正解でニキビ痕と書き、肌の真皮層にまで到達してしまった傷は表皮の傷と違い再生されにくいので簡単には治りません。そのためセルフケアでニキビ跡を薄くしたりといった改善は見込めますが、かなりの時間もかかりますし、完全に綺麗にすることは困難なので、セルフケアにこだわらず医師などに相談して治療をするのが効果的です。

費用面などでは高くついてしまいますが、いつまでも顔がボコボコの状態でストレスを抱え、改善の見込めない化粧品などで隠し続けるくらいなら安いものと思って割り切ってください。

ただ医師に相談するのに一つだけ注意点があります。医師を選びましょうということ。よく話も聞かず薬だけ処方されて終わりとか、レーザー治療などを勧めるだけであなたに合った根本的なニキビ対策などを何も教えてくれないといったことも往々にしてあるようです。

ニキビができる原因は複合的なものが多く、せっかく医師に相談するのであればあなた個人に合った解決策を真剣に考えてくれる医師を選んでくださいね。

赤ニキビまではセルフケアで改善、ニキビ対策の肝は予防

顔がボコボコと感じるほどのニキビでも赤ニキビまでなら自分で何とかすることも可能です。いくらニキビの数が増えてしまっても基本的には通常のニキビ対策と変わりありません。

まずは今あるニキビを悪化させない、そして新たなニキビを発生させないという予防がニキビ対策の基本です。

できてしまったニキビを悪化させないために、刺激を与えない洗顔と肌の乾燥を防ぐ保湿を意識してください。

ニキビに刺激が禁物なのはご存知かと思います。こすったり力を入れた洗顔はニキビを悪化させます。泡で包むように優しく洗って下さい。また、1日2回を限度に洗いすぎにも注意してください。必要以上の洗顔は肌の乾燥を招き肌にダメージを与えてしまいます。

そして洗顔後はすぐに保湿対策をしましょう。お肌の乾燥は皮脂の過剰分泌につながるので、すでにできてしまっているニキビに余計な栄養を与えてしまう結果になりますし、ターンオーバーの乱れの原因にもなるので、しっかりとお肌が潤うように保湿を行いましょう。

泡洗顔


次に意識しなければならないのが新たにニキビを発生させない予防の部分です。今できているニキビさえ治れば忘れ去られてしまうことが多いのですが、こっちの方が重要です。

ターンオーバーの乱れを改善することなのですが、これができれば既にあるニキビの改善もニキビ痕を薄く改善していくことも可能です。しかしながらターンオーバーを改善するにも時間を要しますし、生活習慣など改善しにくいことも頑張って改善していかなければなりません。しかもストレスなどもターンオーバーを乱す要因になるのでニキビがあることをストレスに感じているとそれだけでも改善しにくくなるので、優先順位としてはボコボコを治すことを先決にしています。

今あるニキビが治ってもターンオーバーが乱れっぱなしではいつまた逆戻りしてもおかしくない肌環境が出来上がっていると言えます。これが繰り返しニキビの原因でもあります。

ここをしっかり押さえてニキビの改善だけでなく予防をしっかりしていくことが、自分でできる最強のニキビ対策です。