一日の疲れを癒すお風呂タイム。お風呂好きの人も多いと思いますが、ニキビ改善を目指すあなたは要注意です。お風呂の入り方次第ではニキビを悪化させてしまう可能性もあるのです。

  • ぬるめのお湯につかる
  • 長時間湯船につかり過ぎない
  • 石鹸で皮脂を落とし過ぎない
  • お風呂から上がったら即保湿

おおむねこの4点に気をつければニキビ悪化を防ぐことができますが、笑美のようにお風呂大好きという人にとっては、長時間湯船に浸かっていることもリフレッシュの一つなので、できることならやめたくありません。

そこで一つ一つなぜニキビにいけないのかを考え、なんとか長風呂をやめなくてすむ方法を検証してみました。

ぬるめのお湯につかる

「熱いお風呂じゃないと温まってる気がしない」という人もいると思いますが、熱いお湯はそれだけでお肌への刺激となってしまうので、38℃~40℃くらいのお湯がお肌にとっては最適です。

実のところ熱いお湯に短時間つかるよりも、ぬるめのお湯に長時間つかった方が体の芯から温まり、湯冷めもしなくて済みます。

また、40℃以上の熱いお湯につかり過ぎると、お肌の潤い成分であるセラミドが溶け出してしまうので、お肌の保湿力が低下し乾燥を促すことになってしまいます。

ニキビ肌にとって乾燥は大敵なので、保水力の高いセラミドの流出は避けたいところです。そのため熱いお湯は避けた方が良さそうです。

お風呂

長時間湯船につかり過ぎない

お風呂に浸かっていればお肌が乾燥しなくて済むから問題ない、なんて思っていませんか?お風呂に浸かっているからといって、お肌に保水されているわけではありません。

長時間お湯につかっていると指先や掌がシワシワになりますが、これは皮膚がふやけているだけです。かえって体内の水分が汗によって排出されてしまい、一緒にビタミンやミネラルといったお肌に良い成分も排出されてしまっていることになります。

ただ、これらのことは給水とお風呂上がりの保湿対策でカバーできます。スポーツドリンクなどをチビチビ飲みながらお風呂に浸かっていれば、急激な水分やミネラル不足になることもありませんし、お風呂上がりにしっかり保湿対策をすれば、それほど影響はないと考えられます。

これはどうしても長風呂をやめられなかった笑美が実践して、ニキビに影響をほとんど感じたことがありません。

石鹸で皮脂を落とし過ぎない

お湯だけで汚れや余分な皮脂が適度に落ちるので、石鹸は使わなくても大丈夫。という話も聞きますが、笑美としてはどうしてもあのサッパリ感が忘れられません。全く使わないのは、なんとなく気持ち悪い気分になる人も多いのではないでしょうか?

刺激性の高い石鹸を避けるようにするのはもちろんですが、泡立ちの良い石鹸で、洗顔の時と同じように泡で手早く洗うようにすると、サッパリ感も得られますし、皮脂を根こそぎ落としてしまうようなこともありません。

気を付けなければいけないのは、ゴシゴシ洗ってしまうこと。お肌に摩擦などで刺激を与え続けると、色素沈着などの原因になってしまいます。洗顔と同じように、掌の泡で洗うようにするのが理想的です。

お風呂を上がったら即保湿

お風呂を上がったら即保湿というのは異を挟む余地はありません。ニキビケアに最も重要と言っても過言ではありませんね。

入浴によって皮脂を落としてしまったり、体の表面に付いた水分が蒸発する時に、お肌の水分も一緒に蒸発させてしまったりと、お肌を乾燥させる要因が多くあります。これを放っておくとニキビが発生したり、改善できなかったりといいことはありません。

極力お肌内部の水分を逃がさないように、お風呂上がりにはすぐに保湿ケアをするようにしてください。

体を拭いたりするのも脱衣所ではなく浴室内で行うと、湿気で乾燥を抑えられたり湯冷めも防げるので効果的です。

お風呂の後の肌ケアが肝心!ニキビを悪化させないお風呂の入り方まとめ

お風呂でリラックスをするのは、ニキビケアに非常に効果的です。自律神経を整えたりストレスを解消したりと、ニキビの根本的な原因への効果が期待できるためですが、入浴方法などを気にするあまり、精神的・身体的リラックスができなくなるようでは逆効果です。

ですのでストレスにならない程度のことだけ気にする程度で充分です。お風呂ではリラックスして、1日の疲れを残さないように心がけるようにする方がニキビケアには有効です。