大人ニキビの根本的な解決はホルモンバランスを整えることです。ニキビ対策の基本は予防です。できてしまったニキビの改善にはお肌の表面的なケアも重要になりますが、それだけでは根本的な解決にはならず、繰り返しニキビができてしまったり、ニキビがなかなか治らないということが多くなります。

そのため、ニキビを改善したい、ニキビを治したいという人は表面的なケアをすると同時に予防対策も行っていかなければなりません。その有効的な手段がホルモン治療なのですが、ホルモン治療にはリスクなどもあるので安易に決断することはおすすめしません。

ホルモン治療のメリットとデメリットを理解したうえで、自分のニキビ改善に本当に必要なのかということを考えていきましょう。

ホルモン治療とは?ホルモン治療のメリット・デメリット

ニキビの根本的な原因がホルモンバランスにあるという理由は「ニキビの原因はアクネ菌や皮脂じゃない!」という記事で詳しく解説していますが、ホルモンバランスを乱す主な原因は3つあり、ストレス・睡眠不足・食生活が挙げられます。

この3つの原因を一つずつ改善していくことだけでかなりホルモンバランスが整えられますが、時間がかかりますし全てを改善するのには努力が必要になります。そこで最も簡単な方法が不足しているホルモンを増やしてホルモンバランスを整えるというホルモン治療(ホルモン補充療法)になります。

ホルモン治療

ホルモン治療とは

角栓が毛穴をふさいでしまうことでニキビになってしまいますが、これには男性ホルモンの働きが大きくかかわっていて、男性ホルモンが角化細胞を刺激して増殖することで皮膚の柔軟性が失われてしまい、ターンオーバーがうまくいかず角栓を引き起こすというサイクルが生まれます。また、男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす働きがありニキビを悪化させる要因にもなってしまいます。

ホルモン治療は女性ホルモンを投与することで男性ホルモンの働きを抑え、ニキビの予防や改善を効果的に行う治療法です。直接女性ホルモンや女性ホルモンに似た働きをする成分を補充するので、強制的に女性ホルモンが優位になって男性ホルモンの働きが抑えられるということです。

一般的に知られている避妊薬で有名なピルや、エストロゲン様作用のあるイソフラボンなどを摂取することで女性ホルモンなどを増やすといった治療が行われていきます。これらのホルモン治療は主に更年期障害の予防や治療に用いられていて、更年期障害は女性ホルモンの分泌が急激に減ってホルモンバランスが乱れることで起こる不定愁訴などの諸症状が起きるので、これらの諸症状の緩和や改善にも効果的に働きます。

ホルモン治療のメリット

ホルモン治療のメリットは即効性と高い確率で効果が見込めるという点です。直接女性ホルモンなどを補ってしまうので男性ホルモン過多による大人ニキビなどを予防・改善するための即効性としては他のどんな方法より早いです。

また、女性ホルモン優位の状態を意図的に作るので間違いなく男性ホルモンの影響は低くなり、高い確率で効果が見込めるのも嬉しいところです。

ホルモン治療のデメリット

ホルモン治療は必ず医師の指導の下に行わなければなりません。非常に効果的な反面、決められたルールを守らなければ副作用の心配が大きいというのがデメリットです。

副作用では頭痛や乳房のハリや痛み、不正性器出血・乳がんなどの癌へのリスク・静脈血栓塞栓症・動脈硬化・冠動脈疾患などの可能性が挙げられます。

その他、そもそもホルモン治療を行ってはいけない人や慎重に行わなければいけない人など、細かく決められていることからも副作用への心配が付いて回るので、医師任せにせず医師とよく検討し内容を十分理解して、自分のニキビ治療に本当に必要なのかということを総合的に判断しなければなりません。

目先のニキビ治療も大切ですが、場合によっては人生を左右するほどの大事になってしまう可能性もないとは言い切れないので慎重に判断するようにしてください。

ホルモン治療の欠点は副作用だけではありません。自浄作用にも影響が考えられます。

ホルモン治療ニキビ

ホルモン治療が身体の機能を低下させる

ホルモン治療はホルモン剤などを投与して強制的にホルモンバランスを整えるという方法です。しかしこの方法でホルモンバランスを整えた場合、身体の反応はすでに十分な女性ホルモンを分泌していると感じて女性ホルモンの分泌を抑制してしまいます。

人間の身体で重要なのは、身体機能をコントロールするという調整機能が備わっているということです。栄養素でも過剰なものは取り込まず、不足しているものは積極的に取り込もうとします。しかし、ホルモン治療はこの調整機能が働くことで本来足りていない女性ホルモンの分泌を抑制します。使わない機能は鍛えられずに衰えていきます。

機械をしばらく使わなかったら壊れていたという経験ありませんか?かえって使っていた方が故障などせず正常に動くことがありますよね。これと同じで女性ホルモンの分泌機能が低下する可能性も否めません。

ホルモン治療はその性質から永遠に続けられません。いつかは、と言ってもそう長くない時期にやめなければなりません。その時に本来の機能が低下していると、リバウンドようにニキビやお肌にも影響が出る可能性も考えられます。

このような意味でもホルモン治療の実施は慎重に検討することが必要です。ホルモンバランスを整えるのに効果的な方法は他にもあります。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

ホルモンバランス

ホルモン治療以外にもあるホルモンバランスを整える効果的な方法

ホルモンバランスを整えるために効果的な方法はホルモン治療だけではありません。

詳細はそれぞれの記事で確認していただけますが、それぞれメリットやデメリットもありますのでホルモン治療をする前に、これらのことも含めて検討してみることをおすすめします。

大人ニキビにホルモン治療が効果あり?ホルモン治療とは/まとめ

ニキビ女史笑美ホルモン治療はニキビの予防や改善に高い効果が見込めます。その反面、副作用や身体機能の低下などのリスクも否めません。ホルモン治療はニキビ治療の最終手段と考えて、他の方法を試してからでも遅くないと笑美は考えます。

笑美の場合は幸いプラセンタのサプリメントで改善されました。プラセンタの良いところは補充するのではなく、自身の調整する機能を高めてホルモンバランスを改善するというところにあります。自然な形でニキビ改善と体質改善をサポートしてくれました。笑美が飲んでいたサプリメント。

まずは本当にホルモンバランスが原因だということを確認して、改善策を検討してください。

>>ホルモンバランスの調べ方