乾燥性脂性肌、インナードライとも言われますが、最近良く耳にするようになりました。お肌の表面が脂っぽくなるので脂性肌と間違われることがありがちですが、実はお肌の乾燥が原因で皮脂が多く分泌されているだけで、肌内部の潤いが足りていない乾燥肌だったというのが乾燥性脂性肌です。

乾燥性脂性肌の何が問題かと言えば、ニキビは脂性肌が原因でできてしまうという一般的な誤解があるので、乾燥性脂性肌の場合、肌表面が脂っぽくなって脂性肌と勘違いしやすく、そのまま脂性肌用のスキンケアを行ってしまうとさらに悪化してしまうということがあります。

乾燥肌のニキビ対策と脂性肌のニキビ対策は対局にあるようなものなので、一生懸命ニキビケアをしているつもりでも、わざわざニキビが治らないように取り組んでいるということになってしまいます。

脂性肌でスキンケアを頑張っているのになかなかニキビが治らないという人は、もう一度自分の肌質が本当に脂性肌なのかチェックしてみてください。意外に乾燥性脂性肌の人は多いですよ。

インナードライ

乾燥性脂性肌のニキビ対策

乾燥性脂性肌は角質層の水分が足りていないため、お肌のバリア機能が正常に働かないことで皮脂が代わりにお肌を守らねばと多く分泌されることが原因となって肌表面が脂っこくなってしまいます。そのため脂性肌と違い、お肌を守ってくれる皮脂を取り除くスキンケアをしてしまうとさらに肌状態を悪くしてしまいます。

乾燥性脂性肌のニキビ対策はやはり保湿です。

お肌が乾燥する原因は生活習慣などによってターンオーバー(新陳代謝)のサイクルが乱れていたり、間違ったスキンケアを行っていたりということが挙げられます。

ターンオーバーが乱れていると角質層の水分保持力の大部分を占める細胞間脂質(セラミドなど)の生成が正常に行われなくなり、お肌に必要な水分を保つことができなくなって肌表面がゴワゴワ・カサカサしてきます。本来剥がれ落ちていくはずの古くなった角質も肌表面に残ってしまい厚みを増していくにつれ、毛穴の入り口を狭めてしまい、皮脂の排出がうまくいかなくなることがニキビの原因になります。

そのためまずやらなければならないのは不足している水分を補い、お肌の乾燥を防いで徹底的にお肌を守ることが重要です。保湿力の高いセラミド配合の化粧水などで保湿ケアを重点的に行っていきましょう。

そしてそれだけでは一時しのぎに過ぎないので、ターンオーバーのサイクルを整え保湿力のあるお肌を育むことが何よりも大切です。

乾燥性脂性肌

ターンオーバーの乱れを整えてお肌を育む

乾燥性脂性肌でもできてしまったニキビは保湿をしっかりしていくことで皮脂の分泌量が減って改善していきますが、治ってもお肌が乾燥しやすい状態であることには変わりません。ちょっと油断してしまえばまたニキビの再発なんてことになってしまいます。

繰り返しニキビを防ぐにはお肌を保水力のある柔軟な肌に改善していかなければなりません。そのためにはターンオーバーのサイクルを整えてお肌が常に健康な状態を保つことが必要です。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れる原因は多岐にわたりますし、ストレスなどは完全に取り除くのは難しいというのが実情です。

そこでホルモンバランスを意識した生活習慣の改善がターンオーバーの改善に有効になります。ホルモンバランスは自律神経と密接な関係にあり、ホルモンバランスを整えればストレスの緩和や内臓機能の増進などに役立ち、基礎代謝が向上することでターンオーバーがスムーズに行われるようになります。

参考⇒ニキビ改善にはホルモンバランスを整える | 根本的なニキビ対策はこれ

即効性はありませんが、ホルモンバランスを整えることで時間をかけてゆっくりお肌を育て、保水力のある柔らかな肌へと肌質を改善していき、ニキビのできにくい、たとえニキビができても治りやすい肌を手に入れることが最良なニキビ対策になります。

>>ホルモンバランスはプラセンタで改善

>>ホルモンバランスを乱す3大原因

>>ホルモンバランスを整えるサプリ3選