毛穴の開きがすごく目立って顔も上げられない!

毛穴の開きで悩んでる人多いですよね。毛穴の黒ずみ、イチゴ鼻、毛穴が開きっぱなしで恥ずかしくて何とかしたい、そう願うのも無理ありません。

毛穴の開き

笑美自身もニキビがひどかった時期は毛穴が開いてたと思います。ただ、ニキビがひどかったのでニキビを何とかしたい、絶対にニキビ跡は作りたくないという意識の方が強かったですし、ニキビの改善と共に毛穴の開きも沈静化していったので、ニキビほどの悩みにならずに済みました。

ただ、そこで気付いたこともあります。遺伝で毛穴が元々広がってしまっているという場合を除いて、毛穴が開きっぱなしになる原因はたった一つ、お肌の水分不足が原因です。

お肌の水分量を適切に保つのが毛穴開き改善の鍵

おそらくそんなわけない。皮脂の分泌が多いとか、たるみが原因とかいろいろあるでしょう。というご意見があると思います。しかし、それらの原因と思われることもお肌に適切な水分量が不足しているからに他なりません。

一般的に言われる毛穴が開きっぱなしになる原因は

  • 皮脂の過剰分泌
  • 肌のたるみ
  • ニキビやニキビ跡
  • 肌の乾燥
  • 刺激性の強い化粧品の使用

こんなところでしょうか。それぞれについて説明していきます。

毛穴ポイント

皮脂の過剰分泌

10代後半から20代前半までの毛穴の開きでは圧倒的にこのタイプが多いですね。

皮脂が過剰に分泌されるのは、お肌の水分量が足りていないことでお肌を守るバリア機能が正常に働いていないことが原因です。

お肌の角質層には細胞間脂質などで満たされた層があり、ここに適正な水分量が保たれることで紫外線や細菌などの内部への侵入をブロックする働きがあります。お風呂などに入っても体内に水がどんどん吸収されないのもこの層があるおかげです。

そのため、この層に水分量が不足するとバリア機能が低下するので皮脂が余計に分泌されるようになります。皮脂には汗腺からでる汗などと混じりあて皮膚をワックス状に覆い、バリア機能を補う働きがあるからです。

また、お肌の水分不足によるバリア機能の低下はターンオーバーのサイクルも乱します。そのため皮脂は多く分泌されるのに毛穴からうまく送り出すことができなくなり、毛穴が開きっぱなしになたり、溜まってしまった皮脂が酸化して黒くなってしまったり、ニキビの原因になってしまいます。

角質層の水分不足が原因で皮脂の過剰分泌が起きてしまうのです。

肌のたるみ

30代に突入した途端に毛穴の開きが気になり始めたという時は、ほとんどの場合、肌のたるみが起因しています。そんなにたるんでる気がしないけどと思っても、加齢による肌の変化が着々と歩みよっている証拠です。

肌のたるみはコラーゲンやエラスチンのような皮膚の弾力を守る成分が加齢によって失われることによってもおこりますが、大事なのは肌表面のハリが乾燥や紫外線といった外的要因によってターンオーバーが乱されることで失われてしまうということです。

これも角質層の水分不足によって肌が乾燥しバリア機能が低下したことに起因しています。

ニキビやニキビ跡

ニキビに関しては皮脂の過剰分泌の時と同様な理由で角質層の水分不足が原因です。

ニキビ跡は本来ニキビ痕と書き、痕には消えないで残った後という意味があります。皮膚がでこぼこになってしまっているニキビ跡の毛穴の開きは既にキズなので原因が水分不足ということはありませんが、この状態になってしまっている場合は医師に相談する必要があります

肌の乾燥

これはそのまんまですね。お肌の乾燥は角質層の水分不足意外の何物でもありません。おおよそ毛穴の開きの成り立ちは皮脂の過剰分泌の時と同じです。

刺激性の強い化粧品の使用

刺激性の強い化粧品などを使うと皮膚が乾燥したり、刺激によって角質細胞がダメージを受けたりしてお肌のバリア機能が正常に働かなくなるため、最終的には皮脂の過剰分泌の時と同じことが言えます。

毛穴の開きを何とかしたい!毛穴開きのたった一つの原因は?まとめ

毛穴開きを改善

このように、どのような毛穴の開きの原因と言われることでもいきつくところはお肌の水分不足なんです。そのため、毛穴の開きが気になっている人が重点的に行わなければいけないスキンケアはお肌の水分を逃がさないこと。つまりお肌の保湿です。

ただ、間違って欲しくないのですが最終的に目指すのはターンオーバーのサイクルを正常にしてナチュラルな状態でもしっかり保湿されることです。そのためにはスキンケアだけでは持続しません。体の中からの改善も必要です。

すぐにでも何とかしたい毛穴の開きですが、一時的に改善するのではなく長期的な視野でしっかり改善していきましょう。

>>保湿だけじゃない!体の中から美容を考えるサプリメントはこちら