ニキビ肌は乾燥がもっぱらの要因なので、それなら保湿効果のある保湿クリームは塗った方が良いと思いますよね。しかし、クリーム系は油分が多くてニキビに悪影響だから塗っちゃダメという意見と、脂分で水分が逃げないように蓋をするから塗った方が良いという意見の両方あり、一体どっちなの?と悩んでしまいます。

保湿クリームどっち

ニキビを治したいんだから間違ったことをして悪化させたくないのでハッキリして欲しいというのが本音ではないでしょうか?しかし、これをハッキリさせるのはなかなかの難問です。なぜなら肌質・保湿クリームの種類・環境などによって大分話が変わってくるからです。それを言ったら保湿クリームに限らずといった話なのですが、どのような場合に塗った方が良い、もしくは悪いを見ていきます。

保湿クリームは脂性肌の人は必要なし

保湿クリームがお肌の水分の蒸散を防ぐ目的で使われるなら、脂性肌の人はわざわざ保湿クリームを塗る必要はないでしょう。保湿クリームは油分を多く含んでるから蓋の役目を果たすというのが理屈なので、そもそも皮脂の分泌量の多い人は、そのような働きを自然に皮脂が果たしているわけですから必要ないということになります。

ただ、インナードライ肌の人が脂性肌と勘違いしている場合も多いので注意が必要です。インナードライ肌の人の皮脂の分泌量が多いのはお肌の乾燥が原因なので、お肌の乾燥が改善されていけば自然に皮脂の分泌量も減っていきます。逆に化粧水をつけてすぐなどは一時的に皮脂の分泌量は減ります。そのため場合によってはインナードライの人は保湿クリームをつけるのも効果的です。

乾燥肌の人は保湿クリームを塗るべき?

乾燥肌の人はとにかく化粧品選びに慎重でなければなりません。状況にもよりますが化粧水を使わずに保湿クリームだけを使った方が良い場合もあります。

乾燥肌の場合、肌表面のバリア機能が低下しているので十分な保湿が必要です。しかし、化粧水などでも揮発性の高いアルコールなどを多量に含んでいる場合もあります。揮発性の高い物質は刺激性も高いですし、お肌に塗ってしまうと必要な水分を一緒に持って行ってしまいかえって乾燥しやすくなってしまうこともあります

その点、適度な油分を含む保湿クリーム、中でもセラミドなどの保湿成分をたっぷり含むものなどは効果的です。

ただ、ニキビ肌となるともっと慎重にならなければいけません。ニキビに油分はあまりよくありませんし、乾燥肌はお肌のバリア機能がしっかりしていないので、お肌に良くない成分でも入り込みやすくなっている状態です。1つや2つニキビがあるくらいなら避けることもできますが、広くニキビができてしまっている場合はそうもいきません。

お肌の乾燥を防ぐことが第一ですが、保湿クリームなどの使用は慎重に様子を見ながら行った方が良いですね。

保湿クリーム?

年齢肌(肌老化)には保湿クリームが必須?

若い頃は代謝が活発でターンオーバーのサイクルも標準的に行われているのでわざわざ保湿クリームを塗る必要はありません。過剰なケアは肌力を衰えさせるだけで良いことはありません。しかし、嫌でも肌力は衰えていきます。年齢に合った肌ケアをしていかなければいけないのも事実です。

加齢と共にターンオーバーのサイクルは長くなり、お肌内部で失われる成分も多くなっていきます。それに伴いお肌の保湿力も減少していってしまいます。

しかし、年齢肌だからといって必ず保湿クリームが必要ということにはなりません。やはり肌質によってというところです。

年齢肌は単純に加齢(老化)が原因なので、表面的なケアだけをいろいろやっても無意味です。体の中からのケアをしていかなければなりませんし、最も大事なのは予防です。老化を止めることは不可能ですが先に延ばすことは可能で、これがアンチエイジングという考え方です。若返るというのとは少し意味が違います。

衰えた肌力を再生するより、衰えていく前にちゃんとケアして先延ばしにすることの方が簡単です。

>>アンチエイジングにも効果あり!体の内側から肌ケアできるサプリメント

ニキビ肌に保湿クリームは塗っちゃダメ?まとめ

保湿クリームを保湿のメインで使うのであれば別ですが、お肌の状態や肌質、保湿クリームの配合成分などを勘案して使うか使わないかは決めるのがベストです。

たとえニキビ肌でも保湿クリームの配合成分によっては使った方が良い場合もあるので、一概に肌質だけで決めることもできません。

ニキビ肌は食事や生活環境、ストレスなどの精神的なことも影響しています。直接的なケアだけにとらわれず体内環境を整えることも重要なので、まずはニキビを治すことに専念するため化粧品の使用は最低限にするようにしましょう。

>>インナードライのニキビ対策

>>メンタル改善がニキビ解消の近道