お肌と睡眠は密接な関係があります。ダメージを受けたお肌の修復には成長ホルモンが大きくかかわっていて、成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるので、睡眠不足などが慢性化しているとニキビなども常態化してしまいなかなか治すことができません。

また、睡眠不足は自律神経に影響を与えホルモンバランスを乱すことにもなり、ニキビができてしまう原因にもなります。笑美も不摂生をして寝不足になると必ずと言っていいほどニキビができていました。

もしご自身で「最近睡眠が足りてないな。」と感じているとしたら確実に睡眠不足です。ニキビや肌荒れが治りにくくなっているのも睡眠不足が影響している可能性が高く、睡眠をしっかり取るようにするだけで改善される可能性もあります。

そこで、ニキビを治す効果的な睡眠について考えていきます。

成長ホルモンの働きと分泌を促す睡眠

成長ホルモンと聞くと思春期に身長を伸すなどの身体を成長させるホルモンという認識をお持ちだと思いますが、代謝を調整して細胞や組織の修復や再生をするといった働きもあり、成人してからも大切な役割を担っています。

ニキビや肌荒れなどは皮膚組織の炎症や破壊などが起きている状態なので、細胞や組織の修復作用のある成長ホルモンが改善に効果的に働きます。成長ホルモンの分泌は睡眠中と激しい運動の後に活発になるので、特に激しい運動をほとんどしない人はしっかり睡眠を取らなければなりません。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌量を確保できなくなり、お肌の修復が日々行われずに紫外線などによるダメージが積み重なってニキビができたり肌荒れを起こしたりといった肌トラブルの原因にもなってしまいます。

成長ホルモンの分泌を促す効果的な睡眠とは

睡眠時に成長ホルモンの分泌が促されるというなら、なるべく長く睡眠時間を取ればいいかというとそうではありません。確かに睡眠時間の確保も大切ですが、睡眠の質が大切になります。

成長ホルモンは睡眠時、しかも眠りの深い時に分泌されるので浅い眠りのまま長時間寝続けても非効率的な睡眠になってしまいます。眠りたいのに眠れない、途中何度も起きてしまう、といったことが頻繁にある人は神経が高ぶっていたりして深い眠りにつけていないので要注意です。

寝不足

自律神経の交感神経と副交感神経

自分の意思でコントロールすることができない自律神経は、交感神経と副交感神経という反対の役割をする2つの神経系からできています。交感神経は活発な活動をしている時など体が緊張状態にある時に優位に働き、副交感神経は寝ている時や食事の時など体がリラックス状態にある時に優位に働ききます。

人間の身体は自律神経によって支配されていると言っても過言ではなく、2つの神経系がバランス良く働くことが重要で、どちらか一方が常に優位になっていると肉体的にも精神的にも支障が出てきます。

睡眠中は副交感神経が活発に働くので、質の良い睡眠をとるにはできるだけリラックスして副交感神経を働かせることが有効になるのですが、自律神経は自分の意志では調整することができないので、できるだけ副交感神経が優位になりやすい状況を作り出すことで質の良い睡眠を目指します。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠時は脳が働いている状態(レム睡眠)と脳が休んでいる状態(ノンレム睡眠)を一定の割合で繰り返します。ノンレム睡眠がいわゆる熟睡状態で、この時間をしっかりとることが質の良い睡眠と言えます。それぞれの継続時間には個人差があり、1サイクル70分から110分と言われ平均的には90分で1サイクルと言われています。

1サイクルの中でもレム睡眠とノンレム睡眠の割合は変化し、寝始めの方がノンレム睡眠の割合が多く、時間を追うごとに徐々にレム睡眠の割合が増えていきます。成長ホルモンの分泌はノンレム睡眠の時に活発になるので、寝始めの2サイクルをしっかり熟睡することがノンレム睡眠の割合も多く効率的と言えます。

平均的には寝始めの3時間ということになるので「寝始めの3~4時間がお肌に大切」と言われる理由です。

俗に22時から2時までがお肌のゴールデンタイムと言われますが、24時間体制で社会が動いている現代では必ず22時に就寝できる生活サイクルを実現するのは難しいと思います。しかし入眠直後の眠りの質を意識して成長ホルモンの分泌を促すことで十分にカバーすることができます。

睡眠

ニキビを治す効果的な睡眠

ニキビを治す効果的な睡眠は成長ホルモンの分泌を正常に行うために入眠後3~4時間はしっかり熟睡するということで、そのために入眠時に副交感神経が優位になる状況を作り出すことが大切です。寝る前にリラックスして熟睡する環境を整えることが大切というわけです。

質の良い睡眠をとるには?

睡眠の質が大事ではありますが、睡眠時間が短くても問題ないかと言うとそうではありません。寝不足と感じているようであればやはり時間もしっかり取る必要があります。寝不足がストレスになって自律神経を乱したり、男性ホルモンんを増やしたりということになり、お肌に悪影響を及ぼすのは間違いありません。可能な限り睡眠時間も確保するに越したことはありません。