ワセリンでニキビが治ったという人とニキビが悪化したという人がいるのですが、いったい治るのか悪化するのかどっちなのでしょうか?

ワセリンは石油から精製される鉱物油なので悪いイメージを持っているかもしれませんが、天然ミネラル物質なので通常の化学製品とは違い安全性にも優れています。安全性についてはボクサーの傷口に止血剤と一緒に塗ったり、火傷した時などに直接塗ったりすることからもわかりますね。

そのため広範な使用用途があるのですが、ワセリンの最大の特徴は皮膚に浸透せず肌表面に膜を作り、外部からの刺激を遮断して肌内部からの水分の蒸発を防いで保湿するということです。いかにもニキビ改善にも効果的な作用に思えます。

しかし、ニキビができてしまっている人にはあまりおすすめはできません

ワセリン

ワセリンはお肌を皮膜で覆ってお肌とお肌の外部を区別してくれます。そのため健全なお肌を保護するには下手なスキンケア用品などより効果を発揮するかもしれません。自身の肌力で潤っているお肌を守ってくれるからです。

しかし、ニキビができてしまった肌には何か問題があります。お肌の乾燥やターンオーバーの乱れなど自身の肌力ではお肌が整えられていない状態です。ワセリンにターンオーバーを促す働きがあるわけでもなく、保湿成分をお肌に与えるわけでもありません。

また、炎症を起こしてしまっているニキビに脂分を与えてしまうことでアクネ菌の活動をさらに活性化してしまい、さらにニキビが悪化する可能性が高まります。創傷を保護するワセリンでもニキビに良いとは言えません。

結論としてワセリンはニキビを治すの悪化するのどっちということであれば悪化させてしまう可能性の方が断然高いです。

ワセリン悪化

ニキビ肌の場合はワセリンを塗るより肌力をつけるためのスキンケアを積極的に行っていく必要があります。積極的にと言っても何回も洗顔して皮脂を落とすとか保湿クリームを厚塗りするという話ではありません。お肌にやさしい洗顔と適度な保湿をマメに行い、身体の内側からのスキンケアを意識するということです。

ニキビを治すにはお肌の再生力を育んでお肌のバリア機能を正常化することが大事です。目先の大人ニキビの改善はそれほど難しいことではありませんが、バリア機能自体を機能させないことには繰り返しニキビができてしまったり肌荒れを起こしてしまうリスクが常につきまとうことになります。

特にワセリンにこだわる理由がないのでニキビ悪化の危険を冒してまでワセリンを使うのはやめておきましょう

>>ニキビ肌を根本から改善したいなら身体の内側から改善