ノンエー成分

薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエー(Non A.)はキメ細かい泡でのクッション洗顔でお肌にストレスを与えずに洗顔ができ、ニキビの炎症を抑え、ニキビの予防・改善効果があるとして人気があります。実際笑美も使って試してみましたが、このクッション洗顔は癖になりましたね。

でも、いくらクッション洗顔でお肌に触れずに洗顔ができても石鹸自体の成分でお肌にダメージを与えては意味がありません。そこで気になるのはノンエー石鹸に配合されている成分ですよね。

まずはノンエーに配合されている成分を確認してみましょう。

ノンエー石鹸の全成分

【予備知識】
ノンエーは医薬部外品のため原材料表記は有効成分とその他の成分で分けて表示すればいいことになっています。そのため化粧品に属する一般的な石鹸の原材料表記と違い、原材料を配合量の順に表記する必要がないため、どの成分が割合的に多く配合されているかは原材料表記だけではわかりません
※詳しくはwikipediaで

ノンエー石鹸の全成分は以下の通り

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム
【その他全成分】ダイズエキス・クワエキス・ローヤルゼリーエキス・スクワラン・ヒアルロン酸ナトリウム(2)・海藻エキス(1)・2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュアⓇ)・カリウム含有石けん用素地・精製水・ラウリン酸・濃グリセリン・1.3-ブチレングリコール

肝となっているのは医薬部外品の薬用せっけんということで、有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムです。この成分は漢方薬で使われる甘草の根に含まれる成分であるグリチルリチン酸とカリウムを化合した成分で、抗炎症作用が強く風邪薬などの医薬品にも使用されています。

赤ニキビなど炎症を起こしているニキビの消炎効果に期待でき、白ニキビなどの悪化を防ぐ効果にも期待できます。有用性については厚生労働省が効果のある成分として認めているので疑いの余地はありませんね。

その他成分に関してはここで一つ一つ説明しても仕方ないので、全体的な配合バランスとしては保湿効果をメインにグリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用を補完したり、美肌効果を狙った成分配合になっていて、安全性については問題になるような成分はありません。

しかし、本当に無添加?って思いませんか?

ノンエー石鹸は無添加石鹸じゃない!

無添加石鹸ノンエー石鹸無添加石鹸と勘違いしている人が多いです。

おそらく販売サイトに書かれている

  • お肌にやさしい無添加/従来の表示指定成分は使用していません。
  • 無着色料/無香料/無エタノール/無鉱物油

といった辺りが勘違いの原因なのだと思われますが、無添加石鹸とは一切書かれていません

人によって添加物の認識が違いますが、体に悪いものだけが添加物ではありません。ノンエーが独自に配合しているうるおい成分、ローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアなども天然成分とはいえ本来石鹸の成分とは関係ない添加物です。

無添加にこだわる人も多いですが、気にしなければいけないのは安全性と有用性。天然成分がすべて身体に良いとは限りません。毒キノコの毒だって立派な天然成分ですし、添加物を加えないと求める効果を発揮しない成分もたくさんあります。

そもそも石鹸に求める効果って何でしょう?

石鹸の役割は?

泡洗顔ノンエーに限らず石鹸にニキビを完治させる効果に期待しているのであれば買わない方がいいです。

石鹸の役割は顔に付着した汚れや余分な皮脂を落として皮膚を清潔に保つことです。そこに今できているニキビの炎症を鎮めたり、これからニキビができることを極力防ぐための成分が配合されているだけで、ニキビを治す力は持ち合わせていません。医薬品ではないのでそこまで強力な成分は入ってないです。

そもそも洗顔だけで治るようなら、こんなにニキビで悩む人はいないですよね。ほとんどの人は毎日洗顔しているんですから。

じゃあ意味ないじゃん!なんて思わないでください。ニキビを治すには今あるニキビをそれ以上悪化させないことが大前提です。そのうえで改善策や予防策を同時に行っていくことが必要です。

ニキビがたまにしかできないという人は地肌力があるので、ニキビが悪化するのを防いでおけば自然と治ってしまうことも考えられますが、日常的にニキビができてしまう人や繰り返しニキビで悩んでいる人が根本的な解決をするには体質から改善しなければならないので長期戦になります。【ニキビの根本的な原因は?】

その間、今あるニキビを放っておいたらどんどん悪化し、最終的にはニキビ跡になって自分ではどうにもならなくなってしまうことにもなりかねません。今以上の汚い肌にはなりたくないですよね。

ですので洗顔石鹸は転ばぬ先の杖で、ニキビの悪化を防ぐ予防策として使うのが最適です。


また、ニキビ専用石鹸を使うことに意味があります。ニキビ専用というからにはニキビが悪化しないような成分配合をしていて、極力お肌に刺激を与えず、洗顔後もお肌の水分が不足することがないような工夫がされています。

ノンエーで言えば泡で行うクッション洗顔で皮膚をこすらなくて済み、ニキビに余計な刺激を与えませんし、保湿成分を中心とした成分配合でお肌の水分がなくならないように工夫されています。

ただ、ニキビ用石鹸という物の中にも皮脂をそげ落とすだけといった成分配合をしている石鹸もあるので、購入前に配合成分のチェックは忘れないようにして下さい。

>>笑美と相性が良かったノンエー石鹸の体験口コミはこちら

>>もうニキビを繰り返すのは嫌!根本的なニキビ対策