一口にプラセンタサプリメントと言っても由来成分やら配合成分など多種多様な商品があり、どれを選んでいいかわからない!というあなたのために、ホルモンバランスを整えることを目的とした場合のプラセンタサプリの選び方をお伝えします。

笑美はニキビを改善するためにいろいろ調べた結果プラセンタサプリにたどり着き、さらにプラセンタのことを調べたので意外とプラセンタ通だったりします。

プラセンタ選び

プラセンタの由来成分をチェック

プラセンタの由来成分というのはプラセンタ(胎盤)がどのような母体から採取されたものか?ということで、現在販売されているプラセンタサプリメントの多くは馬か豚を母体としたものが多く、馬プラセンタや豚プラセンタと言われています。

その他、輸入商品で羊を母体としたものもありますし、植物由来のプラセンタサプリや海洋性プラセンタなるものも販売されています。

この中で選ぶポイントは動物性プランタであるということで、動物性プラセンタにしか含まれない成長因子という成分がホルモンバランスを整えるのに重要な働きを持っているからです。

羊プラセンタは原料の輸入が禁止され国内での加工も禁止されているので、製品自体を輸入に頼っていて割高ということもあるので馬プラセンタか豚プラセンタを選ぶのが良いと思います。

プラセンタの配合量が大切

プラセンタサプリメントは近年、美容効果を謳った商品が多いのが現状で、プラセンタに多くの美容成分を配合したサプリメントも多く販売されています。

しかし、今回はホルモンバランスを整えることが目的なためプラセンタの配合量がポイントになるので、できるだけ多くのプラセンタが配合されているサプリメントを選ぶようにします。

そのため余計な美容成分が配合されていなく、プラセンタのみを配合したプラセンタ100%の商品を選ぶようにしてください。

プラセンタの美容効果も魅力的という人もたくさんいると思いますが、そもそもプラセンタの美容効果が人気になったのはプラセンタそのものの美容効果なので、美容成分をわざわざ配合していなくても十分なと言うより本来の美容効果を実感することができると思うので、ホルモンバランスをメインに考えると美容効果がなくなるというわけではありません。

ホルモンバランスを整えながら美容効果と言う副効果が得られると考えてください。

プラセンタの配合量が原末換算で表示されているものを選ぶ

プラセンタ配合商品などを見比べてもらうとわかると思いますが、プラセンタの配合量が数百mgのものもあれば数万・数十万mgのものもあり、単純に考えると数値の大きい方がプラセンタの配合量も多く思われがちですが、このあたりがプラセンタの怪しさ満点のところなんです。

プラセンタの配合量の表示方法が明確に定められていないのが原因なのですが、そのため原料換算量を表記している商品や原料から水分や不純物を取り除いた原末換算量を表記している商品などがあり、原料換算の表記の方が数値が大きくなります。

しかし、プラセンタで重要なのは有効成分の含有量で、原末換算量であれば不純物を取り除いた後のプラセンタ配合量になるのでしっかり原末量を表記してくれている商品で配合量の多いものを選ぶようにしましょう。


細かいことを言い出すときりがないのですが、おおよそこの3点さえ押さえておけば間違いありません。

美容成分が配合されているプラセンタサプリメントは効果がないということではなく、ホルモンバランスを整えるにはプラセンタの成分をより効率的に摂取することが必要という観点からのプラセンタ選びです。

プラセンタに即効性はありません。継続摂取することでホルモンバランスを整え体質を改善し、ニキビを改善した先には美肌効果やアンチエイジング効果なども期待できるので楽しみが増えるというものですね。