ニキビ肌に洗顔のし過ぎは逆効果です。洗顔よりも保湿が大切なんです。

ニキビ肌になるとどうしても「顔が汚いから」とか「アクネ菌を何とかしなきゃ」と思い、早く治したい一心で、ちょっと外に出るたびに顔を洗っている人がいますが、洗顔のし過ぎはニキビをさらに悪化させてしまいます。

ニキビの原因は皮脂でもアクネ菌でもありません。これらはニキビを悪化させる要因ではありますがニキビの原因ではありません。ニキビの原因は毛穴が詰まってしまうこと。つまり角栓こそがニキビの原因です。

肌環境が悪いということに変わりはありませんが、かと言って洗顔さえすれば肌環境が良くなるわけでもありません。

なぜニキビ肌に洗顔のし過ぎが逆効果なのか見ていきましょう。

ニキビに悪影響を及ぼす間違った洗顔方法

そもそも1日に何回も顔を洗うこと自体ニキビに悪影響なのですが、間違った洗顔方法で知らず知らずのうちにニキビやお肌にダメージを与えていることも多いです。以下のような洗顔方法をしている場合はすぐに改善してください。

洗顔のし過ぎ

毎回石鹸や洗顔料で洗う

ニキビ肌の人が洗顔料を付けて洗うのは1日1回で十分です。脂性肌や比較的肌が強いと思われる場合でも2回くらいにしておきましょう。

洗顔料は皮膚表面の汚れと共に余分な皮脂を洗い流してくれますが、頻繁に繰り返すと必要以上に皮脂を落としてしまいます。皮脂にはお肌を守る大切な役割があり、必要以上の皮脂を取り除いてしまうとかえって皮脂の分泌を増やしたりお肌のバリアが機能しなくなったりしてニキビを悪化させてしまいます。

また、ニキビがあるから丁寧にという考えで洗顔に時間をかけるのもやめましょう。必要以上に顔に石鹸をのせているのは良くありません。いくら肌にやさしい石鹸といえども刺激物ですし、乾燥の原因になります。

洗顔自体も許す限りは多くても1日3回程度にしておきましょう。

冷たい水や熱めのお湯で洗う

冷たい水で洗顔すると毛穴が引き締まって良いのでは?と思うかもしれませんが、強制的に毛穴を引き締めることを繰り返すと肌本来の引き締め作用を弱めてしまうことになりかねません。また、肌が急に冷えるのでお肌の乾燥を招く恐れもあります。

お湯の場合は皮脂が脂だからお湯なら簡単に落とせるだろうということになるのですが、これも皮脂の落とし過ぎの原因になりますし、お湯自体がお肌の刺激になってしまいニキビにはあまり良くありません。

ぬるま湯でお肌にストレスがかからないようにしましょう。

顔を擦って洗う

お肌を擦るとニキビに刺激になって良くないことはおわかりだと思います。それくらいは意識してると言われそうですが、一番多い間違いはこれです。

洗顔フォームなどをつけて洗う時、なるべく泡立てて皮膚に触れないようにと一生懸命になるのですが、ここからが問題です。すすぎの時にも気を使ってますか?石鹸を落とそうとゴシゴシこすったりしてませんか?

すすぐ時もゴシゴシしてはいけません。両手で水をすくってパシャパシャと顔にかけるようにすすいでください。ここはポイントです。すすぎに手を抜いてはいけません。石鹸が残ると毛穴詰まりの原因にもなりますし、正常なターンオーバーの妨げになってしまうのでしっかりすすぐようにしましょう。

洗顔後にタオルで拭く時も同じです。拭くのではなくタオルを押し当てるように水分を取っていきましょう。できれば使うタオルも柔らかい肌触りの良いものを使って下さい。


ニキビを改善しようと洗顔に一生懸命になっていても、間違った洗顔方法で洗顔をするとニキビが改善どころか悪化してしまうことになってしまいます。

次に洗顔をし過ぎるとニキビにどのようなことが起こってしまうのかということを考えてみましょう。

洗顔のし過ぎがニキビ改善の妨げに?

洗顔

ニキビ肌に洗顔をし過ぎると悪化の一途をたどってしまいます。頻繁に顔を洗うことで皮脂が必要以上に洗い流され、お肌を守る働きが機能しなくなります。そうすると皮膚表面の角質層がダメージを受け、それを修復しようとターンオーバーのサイクルが早まります。

ピーリングはこのような状況を意図的に作るもので、古くなった角質を剥がしてターンオーバーのサイクルを早め、健全な角質層を作り直すというのが目的なのでニキビ肌の人はやってはいけません。

ターンオーバーのサイクルが早まるなら良いのでは?と思うかもしれませんが、まだ続きがあります。角質層がダメージを受けるともうひとつの防御機能も活発になります。皮脂の分泌量が増えるのです。

ターンオーバーで健全な皮膚を作るには時間がかかります。その間にも紫外線など外部からの刺激は容赦なく襲いかかります。そのため皮脂でお肌を守らねばと分泌量が増加していきます。ニキビができて毛穴が詰まっているところにどんどん皮脂が分泌されていくわけですから、ニキビはさらに悪化します。また、新たなニキビの発生も懸念されます。

こうなると悪循環が始まります。あなたは皮脂量が増えたので「これはまずい!」とさらに洗顔をこまめにするようになります。しかし、ターンオーバーのサイクルが早まっているので角質層はまだ未成熟でダメージを受けやすい状態にあり、皮脂を洗い流してむき出しになることで新たな刺激を受け、正常な角質層をつくれないままになってしまうのでまた皮脂が分泌されるという悪循環が続いてしまうわけです。

このような悪循環が続くので洗顔のし過ぎはニキビを改善するどころか新たな肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

ではどうすればいいの?ということですが、お肌を守るのに一番大切なのはお肌のバリア機能を正常に働かせることで、そのためには保湿が重要になってきます。

【ニキビ改善には保湿が大切 | 肌質に関係なく保湿ケアが必要】

洗顔よりも徹底した保湿がニキビ改善の近道

保湿

お肌は角質層と皮脂が守っていると言っても過言ではありません。角質層のバリア機能を皮脂が補っているので、まずは角質層の機能を正常に働かせることがお肌改善の第一歩です。

通常私たちが皮膚に触れているのがお肌の表面を作っている角質層です。角質層はターンオーバー(新陳代謝)によって常に生まれ変わっていて、古くなった角質細胞は死滅して皮膚からはがれ落ちていきます。これが何らかの要因で剥がれ落ちずに残ってしまうとニキビの原因である角栓を起こしたり、皮膚の柔軟性がなくなって毛穴詰まりの原因になったりします。

角質層は細胞間脂質の層があり、これがお肌のバリア機能を果たしているので、この層がしっかりしていないと肌トラブルを起こします。細胞間脂質はは保水力の高いことで有名なエラスチンやNMF(天然保湿因子)などで構成されていて、お肌に必要な水分の蒸発を防いだり、紫外線などの外的刺激からお肌を守る役割があります。

これらのうるおい成分が不足すると、お肌に必要な水分までもが蒸発してしまうため、お肌の乾燥を招き皮脂の分泌量を増やして蓋をすることで水分の蒸発を防いでくれるわけです。

お肌が乾燥したり、皮脂の分泌量が多い原因は、お肌の水分不足にあるのです。そのため保湿が何よりも重要なんです。

そして、細胞間マトリックスの機能を修復するのに大事なのがターンオーバーです。よくターンオーバーの乱れが肌トラブルの原因と言われ、加齢と共にターンオーバーのサイクルが遅くなるので早まればいいと思っている人が多いのですが、早くても遅くてもだめなんです。

ターンオーバーのサイクルが早いとまだ未成熟なやわ肌が表面に出てしまい、洗顔のし過ぎがニキビ改善の妨げに?の項でお話ししたように悪循環の原因にもなってしまいます。

ポイントは保湿を徹底してターンオーバーのサイクルを正常にすることです。

まとめ

ニキビ肌に洗顔のし過ぎは皮脂を必要以上に取り除いてしまうのでかえって良くありません。洗顔方法や洗顔の頻度を見直しましょう。

洗顔より大切なのは保湿を徹底すること。ニキビは汗をかいたりして顔が脂っこく感じる夏よりも、肌が乾燥する冬の方ができやすくなります。脂性だから関係ないと思わすに、しっかりとした保湿対策をしていきましょう。

肌トラブルの原因はこれだけではなく、内面的なことが大きくかかわっています。本気でニキビを改善したいなら、今あるニキビを改善するとともに生活習慣から見直すようにして下さい。

>>本気の人必見!本当のニキビ対策はこれ