女性でも男性ホルモンがニキビの原因に?なんて思った人はのほとんどは思春期ニキビに悩まされたことがない人だと思います。笑美もその一人でしたが、思春期ニキビの原因は正にコレです。男性も女性も思春期には男性ホルモンが一気に活性化し、この男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進するのですが、まだお肌が未熟なため皮脂の排出がスムーズに行われないことでニキビが発生してしまうというのが思春期ニキビです。

でも思春期でもない女性がなんで?ということですが、これにはストレス社会と言われる現代の生活環境が密接にかかわっていて、思春期ニキビにあまり悩まされたことのない女性が大人ニキビに悩まされることが増えてるんです。

ニキビの原因

なぜ男性ホルモンがニキビの原因になるのでしょうか?

アンドロゲンという男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促す働きがあることは医学的に証明されていいるのですが、皮脂が分泌されるだけではニキビにはなりません。思春期でもないのでお肌が未熟というわけでもないのになぜニキビの原因とされるのかというと、このアンドロゲンの分泌量が増えるのにはストレスが大きくかかわっているからです。ストレスに対抗するために分泌されるのがアンドロゲンなのでストレスを感じた時に皮脂量も増えてしまいます。

まだ良くわかりませんよね。ストレス社会と言われ現代の生活環境ではストレスを感じない日は無いというほど様々なストレスで満ち溢れています。人間関係だったり家庭環境だったり、ハードワークだったり深夜帯に仕事して昼夜逆転生活をしていたりと挙げたらキリがないほどストレスの要因はありますね。ということは、慢性的なストレスを抱えている人が多いわけです。

ストレスはお肌の大敵なんて言われますよね。そうです、アンドロゲンが多く分泌される状況ではお肌の方もトラブルを起こしている可能性が高く、ターンオーバーのサイクルが乱れていたり肌の乾燥を招いていたりすることで、毛穴が詰まりやすい状況にあることが多いわけです。そのためニキビができやすくなってしまっているのです。

ちなみに男性ホルモンが原因である場合、口周りやフェイスラインといった男性ならば髭が生えるところにニキビが集中する特徴があります。

男性ホルモンを減らすには?

過剰な状態の男性ホルモンの分泌量を減らすには、当然ストレスを緩和することが第一です。人間関係や仕事に関することはなかなか簡単にはいきませんが、自分でコントロールすることができる生活習慣ならすぐに改善可能ですよね。規則正しい生活習慣を身につけるとか、睡眠を十分に取るとか、なるべく怒らないように考え方を変えてみるといったことは心がけ次第でどうにでもなりますし、軽い運動や趣味に没頭するといったこともストレスの発散につながります。

これらストレス性の大人ニキビには従来ニキビに効果的とされている抗生物質やビタミン剤などでは治りずらいとも言われ、ホルモンバランスを調整する改善方法が効果的で、女性ホルモンの強化なども効果的です。

>>ニキビの原因はアクネ菌や皮脂じゃない!ホルモンバランスが原因

>>ニキビ改善には保湿が大切 | 肌質に関係なく保湿ケアが必要?

>>ニキビ改善にはホルモンバランスを整える | 根本的なニキビ対策

>>ホルモンバランスはプラセンタで改善 | 笑美はプラセンタで改善