ニキビの原因と言えばアクネ菌や皮脂だと考えている人がほとんどだと思いますが、ニキビの根本的な原因はホルモンバランスが乱れることと肌の乾燥にあるんです。

ニキビ女史もちろんアクネ菌や皮脂など無関係なわけではありません。表面的には毛穴が詰まることから始まり、詰まった毛穴に皮脂や角化物質が溜まり、アクネ菌が異常繁殖することでさらに皮脂が増え、毛穴の周りにも炎症が起きてニキビは悪化していきます。

しかしこれらはニキビの原因ではなく、ニキビを悪化させる要因に過ぎません。ニキビの原因を考えるにはまず「なぜ毛穴が詰まるのか?」という所から考えていかなければなりません。

なぜ毛穴は詰まるの?角栓ができる大きな要因はターンオーバーの乱れや肌の乾燥

毛穴を塞ぐ角栓は皮脂と古い角質が混ざり合ってできています。正常な肌状態でも角栓は存在するのですが、通常は毛穴をふさぐほど肥大化する前にターンオーバーによって排出されるので問題になりません。

しかし、肌が乾燥して皮脂の分泌量が必要以上に多くなったり、ターンオーバーがスムーズに行われなくなると皮脂や古い角質が毛穴の出口付近に溜まってしまい、毛穴を狭めてしまうことでさらに正常なサイクルが滞っていき、最終的に毛穴を完全に塞いでしまいます。

また、肌の水分不足は皮膚の柔軟性を無くしてしまうので、乾燥肌の人や顔をゴシゴシ洗うなどして皮膚に摩擦を与える人などは、毛穴周りの皮膚が硬くなって毛穴が広がらないということも角栓が毛穴を塞ぐ要因になっています。

では、これらを踏まえ、角栓によって毛穴を塞がないようにするために必要なことは?

  • 皮膚に刺激を与えない
  • 皮脂の過剰分泌を防ぐ
  • 肌の乾燥を防ぐ
  • ターンオーバーをスムーズに行う

これらのことが重要になってきます。それでは細分化してさらに原因を追及してみます。

皮膚に刺激を与えない

皮脂

あなたも聞いたことがあると思いますが、洗顔は泡で洗うとか洗顔後はタオルなどで拭くのではなく押しあてるようにして水分を取るなど良く言われますよね。これらは皮膚に摩擦などで余計な刺激を与えることで皮膚が硬くなったり、物理的な刺激で角質層をはがしてしまうことを防ぐために言われていることです。

角質層をはがしてしまうと何が起こるかと言うと、乾燥肌を招く原因になってしまうのです。角質層には肌の水分保持に大きな役割を果たす細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)が存在しますし、さらにお肌のバリア機能の役割も果たしているので、角質層の破壊は紫外線によるお肌へのダメージにも直結してしまうのです。

しかし、皮膚に刺激を与えないというのは自身で気をつければ済む話なので簡単なニキビ対策なのですが、意外に落とし穴なのが枕カバー。枕カバーを清潔にしておくのも一つのニキビ対策として有効なのですが、そのために枕カバーを毎日取り換えるのが面倒でタオルなどを巻いて日々取り換えるという人も多いと思います。ここで問題なのはそのタオルの肌触り。寝ている間なのであえて顔をこすりつけることはないと思いますが、人間の頭は意外に重いので、肌触りの良くないタオルなどを使用している場合は肌を傷つけることにもなりかねないので注意が必要です。

皮脂の過剰分泌を防ぐ

ニキビに悩んでいる人にとって皮脂ってイメージ悪いですよね。皮脂がニキビの原因と思っていた人も多いのではないでしょうか?しかし、皮脂には私たちの肌を守ってくれる大きな役割があり、実はなくてはならない存在なんです。

皮脂はお肌の水分の蒸発を抑え乾燥からお肌を守る働きとお肌の柔軟性を保つ働き、さらにお肌を弱酸性に保って細菌から守ってくれる働きもある重要な分泌物なんです、

とは言え、これはバランスを保ってくれている時のお話しで、過剰に分泌されると厄介者になってしまうのがたまにキズです。ではなぜ過剰分泌されてしまうのでしょうか?

一つの要因はお肌の乾燥。私は脂性肌だから関係ないなんて思っていませんか?実はここを勘違いして間違ったスキンケアをする人が非常に多く、それが元でニキビや肌荒れを悪化させている人が本当に多いんです。

先ほども言ったように、皮脂はバランスよく皮膚表面に存在してくれることで私たちのお肌を守ってくれています。しかし、オイリー肌だと自覚している人は何とか皮脂を落としたいと考え、1日に何回も洗顔したり刺激の強い洗顔料を使用したりしてしまいます。この行動が必要な皮脂まで落としてしまうことになり、肌のバリア機能が働かなくなってしまうという状態を作ってしまうので、体はもっと皮脂を出してお肌を守らなければと躍起になって皮脂の分泌を始めてしまいます。そこでまた皮脂を落とすという悪循環が皮脂の過剰分泌につながります。

間違ったスキンケアをもうひとつ、脂性肌と勘違いしている場合があります。お肌の水分量が少なく乾燥肌になってしまっているので皮脂の分泌量が多くなっているのですが、脂っぽく感じてしまうため脂性肌と思いこんでしまっているというケースです。この勘違いをしてる人って本当に多いので、もし脂性肌と思っていてなかなかニキビや肌荒れが治らないという人は疑ってみる価値はありますよ。

これらの間違ったスキンケアを改善するには徹底した保湿をすることで改善されます。肌内部の水分保持機能が改善されることで皮脂の分泌が抑えられるわけです。

保湿

そして、もうひとつの皮脂の過剰分泌を招く要因が男性ホルモンです。

女性だからといって男性ホルモンがないわけではありません。男性の10分の1程度ですが卵巣で作られています。女性ホルモンは女性らしさを司るホルモン、例えば肌を柔らかく滑らかにしたり、しなやかな体型を作り出したりといった働きがあり、男性ホルモンは男性らしさを司るホルモン、例えば力強い体型やストレスに強い体作りといった働きがあります。

男性ホルモンには皮脂の分泌を促進してしまう働きがあることが医学的に証明されています。そのためホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが過剰分泌されてしまうと皮脂の分泌も必然的に多くなってしまうのです。

そのため、男性ホルモンの過剰分泌を抑制することが皮脂の過剰分泌を防ぐことになります。

肌の乾燥を防ぐ

お肌の乾燥は皮膚のバリア機能が弱くなり、皮脂の過剰分泌を促す要因になりますし、皮膚が硬くなり肌トラブルの元凶になってしまいます。これを防ぐにはやはり徹底した保湿をすることですが、肌を乾燥させない肌力を育むことが大切です。

肌の乾燥は角質層の水分保持力が低下することで起きます。角質層の水分保持力の肝となるのがセラミドなどの細胞間脂質ですが、細胞間脂質は体内の水分の蒸発を防いだり、細菌の侵入や紫外線を防いだりする働きがあるため肌のバリア機能と例えられることが多いです。

セラミドはターンオーバーの過程で角質細胞から放出されるので、ターンオーバーのサイクルが乱れると不足してしまうことになり、正常な角質層が形成されず水分保持力が弱まるので肌が乾燥しやすくなってしまいます。そのため肌を乾燥させない肌力を付けるにはターンオーバーの乱れを正常なサイクルに戻す必要があります。

ターンオーバー

ターンオーバーをスムーズに行う

ターンオーバー(新陳代謝)は表皮の入れ替わりのことで、このターンオーバーがスムーズに行われなくなると毛穴から皮脂や角質の排出が滞ることになり、毛穴が塞がれニキビの発生につながりますし、肌表面が古い角質で覆われることで肌の弾力が失われたり保湿力の低下などを招き、肌トラブルを起こしやすくなります。

ターンオーバーは28日前後と言われますが、加齢とともに体の代謝が衰えたりすることでだんだんそのサイクルは長くなり、俗に年齢プラス10日かかると言われます。ちなみにターンオーバーは適正サイクルを保つことが重要で、早ければいいというものではありません。

ターンオーバーのサイクルが乱れる原因は主に生活習慣にあり、偏った食生活や睡眠不足、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れることで身体全体の代謝が悪くなり、お肌の栄養不足や細胞の活性が衰え、ターンオーバーのサイクルが乱れていってしまうのです。


ここまでで角栓によって毛穴を塞がないために気をつけるべきことと、その要因を解消するために何が必要かということがわかってきました。要約するとニキビケアで重要なのは?

  • 保湿
  • 男性ホルモンの抑制
  • ホルモンバランスを整える

ということです。

笑美はこのことに気がついたおかげでニキビ肌から脱出できたと言っても過言ではありません。

>>ホルモンバランスはプラセンタで改善 | 笑美はプラセンタで改善

>>ニキビ改善には保湿が大切 | 肌質に関係なく保湿ケアが必要?

>>女性でも男性ホルモンがニキビの原因に? | 男性ホルモンを減らす

>>ニキビ改善にはホルモンバランスを整える | 根本的なニキビ対策