保湿ケアニキビ改善にはなにしろ保湿が大切。オイリー肌の人でも保湿ケアを怠ると大変なことになるかもしれません。

お肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を招きますし、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのでニキビができやすくなってしまいます。一般的にオイリー肌の人ほどニキビができると考えられていますが、乾燥肌でも脂性肌でもニキビのできる確率はあまり変わらないかむしろ乾燥肌の人ほどできやすいと考えられ、オイリー肌や皮脂の過剰分泌はニキビを悪化させやすいというだけのことです。

お肌の角質層は水分と脂分のバランスのとれた状態では体のバリアとしての機能を果たしますが、乾燥肌も脂性肌もこのバランスが崩れた状態ということなので、いずれにしろ体のバリアとしての機能が弱まっていることに変わりありません。

乾燥肌でも脂性肌でもこのバリア機能を改善することで余計な皮脂の分泌や角質による毛穴詰まりを予防することができ、ニキビのできにくい肌環境になるのです。

ではなぜ、保湿がバリア機能を改善するのでしょうか?

肌のバリア構造

肌のバリア機能とは肌に必要な水分を保持することや細菌などの異物の体内への侵入を防ぐ働きがあります。この役割を果たすのが皮脂膜や角質層内の細胞間脂質です。

特に細胞間脂質は保湿成分で有名なセラミドを多く含み、肌の水分保持の80%を担っていて、細胞間脂質が何らかの要因で損傷すると肌の水分の蒸発や細菌などの侵入で肌が乾燥し、かゆみや肌荒れを起こしてしまいます。

この肌のバリア構造が正常な状態を保てれば、ニキビ予防となるのです。

乾燥肌に保湿が必要なわけは?

乾燥肌の人のバリア機能が正常に機能しなくなっている原因は、ほとんどの場合自分で自分の首を絞めるような間違ったスキンケアにあります。間違ったと言っても極端なスキンケアをしているわけではありません。化粧を落とすためのクレンジングや温度の高いお湯での洗顔、洗顔後に顔を拭くなど本来であれば気にならない程度のことでも皮膚は非常にデリケートなので実は角質層は傷ついてしまっているのです。

傷ついた角質層を一刻も早く修復しようとターンオーバーのサイクルが早まることで、角質細胞が未成熟のまま表面に出てしまうためバリア機能も不完全になってしまい、保湿機能が不十分な状態が常態化してしまう悪循環に陥ってしまっています。

まずは間違ったスキンケアを直ちに辞め、保湿ケアを十分に行うことでターンオーバーのサイクルを正常化することができ、バリア機能を改善することができます。

脂性肌に保湿が必要なわけは?

脂性肌の人は保湿よりいかに皮脂を落とすかということを考えてしまいがちですが、皮脂の分泌量が多くなるには何かしらの理由があり、特に気付きにくいのが隠れ乾燥肌です。乾燥肌のせいで皮脂の分泌量が多くなっているのに、皮脂が多いということに目が行ってしまい自分はオイリー肌だと勘違いしてしまっている状態です。

これを見落としてしまうと皮脂を落とすことに執着してしまい保湿をおろそかにしてしまうので、乾燥肌の場合同様バリア機能が修復できず悪循環に陥ったまま抜け出せなくなってしまいます。

もうひとつ見落としがちなのが、脂性肌というのは肌表面の皮脂が多いというだけで肌内部の水分が足りているとは限らないということ。肌内部の水分が不足しているということはバリア機能の低下につながってしまうので、やはり保湿は大切なんです。

>>ニキビの原因はアクネ菌や皮脂じゃない!ホルモンバランスが原因

>>女性でも男性ホルモンがニキビの原因に? | 男性ホルモンを減らす

>>ニキビ改善にはホルモンバランスを整える | 根本的なニキビ対策

>>ホルモンバランスはプラセンタで改善 | 笑美はプラセンタで改善