毎日ニキビを治したくて一生懸命スキンケアしてるのにぜんぜんニキビが治らない。一時的に治ってもまたニキビが繰り返す。スキンケアには気をつけてお肌にやさしい洗顔とか保湿なんかもニキビに良いと言われることを毎日頑張ってるのになんで?

笑美もそんな時期がありました。毎日帰宅したらすぐに化粧を落とし、お風呂に入って毛穴を開き、サッと洗顔してすぐ保湿。ちなみにこの流れは今でも変わってません。今では友人にも羨ましがられるほどの綺麗な肌を手に入れましたが、当時は悩みました。

なかなか治らないのでスキンケア商品なんかもとっかえひっかえして数えきれないほど使った記憶があります。でもあることに気付いてから毎日のスキンケアは最低限しかしないようになりました。あれもこれもとややっこしいことをする必要はなかったんです。

では当時と変わったことは何かというと、日々のスキンケアに一生懸命になるより肌力をつけることに重点を置いたことです。ニキビ解消の鍵は肌力です。

毎日のスキンケアでニキビが治ると思いますか?ニキビ解消の鍵はこれ

ニキビ解消の鍵「肌力」とは

毎日頑張ってスキンケアをしているという人は既にスキンケアの仕方などはかなり勉強されていると思います。スキンケアが必要ないと言っているわけではなく、スキンケアも重要なのでこれはこれで続けなければなりません。それでもなかなかニキビが治らないというのは肌力が低下していまっているからです。ここでもう一度ニキビができる成り立ちを考えてみましょう。

ニキビは毛穴が角栓によって塞がれることでできます。角栓は毛穴に老廃物などが溜まってしまうことでできます。老廃物が溜まってしまうのはターンオーバーがスムーズに行われないことやお肌を不衛生にしてしまうこと、皮脂の分泌量が多いことなどで老廃物の排泄がうまくいかないことが原因です。お肌の不衛生に関してはスキンケアを頑張っているので問題ありません。

ターンオーバーがスムーズに行われないことや皮脂の分泌量が多いのは、お肌の乾燥や男性ホルモンの分泌量が多い、その他ストレスや血液循環など内面的なことが原因です。男性ホルモンの分泌量が多いのはホルモンバランスの問題ですね。一方、お肌の乾燥はお肌のバリア機能がうまく働いていないことが原因です。

お肌のバリア機能がうまく働かないのはお肌の乾燥やターンオーバーの乱れなどです。ここまでいくとお互いさまという状態になり、どれかが改善すれば相乗効果として他も改善されていくということになります。スキンケアで改善できるのはこのあたりです。ただ、逆を考えるとどれかが悪化すれば相乗効果的に他も悪化してしまいます。

そこで考えて欲しいのがターンオーバーが乱れる原因です。ターンオーバーを乱す原因には内面的な問題が多くあります。内面的な問題はターンオーバーが改善されたからといって改善されていく問題ではありません。ということは、いくら毎日頑張って表面的なところをケアしていても、日々ターンオーバーを悪化させる要因があれば結局のところ表面的な要因も治ることはないということです。

ターンオーバーは新しく細胞を生み出すところから始まります。肌力とはターンオーバーを正常に機能させることです。

ターンオーバー

肌力をつけるにはどうすればいいの?

実は、先述したことはなにも目新しいことを言っているわけではありません。ニキビケアで普通に言われているニキビが治らない原因を解説しただけです。肌力をつける=ターンオーバーを正常に機能させるということになりますが、これを改善するのも食生活を見直す、寝不足を解消する、ストレスを溜め込まないなどニキビケアでごく一般的に言われていることと同じです。

ターンオーバーについてはニキビ改善の要はターンオーバーにあり!の記事で詳しく書いていますが、スキンケアを頑張っているあなたも内面的な原因を改善しなければいけないことに気付いているはずです。でも取り組めない、続かないというのが本当のところだと思いますい。笑美も人のことは言えませんでしたが…。

取り組めないのは、今できているニキビがなくなって見た目が綺麗になれば良いという考えが邪魔をするからです。確かにニキビなんて早くなくなるに越したことはないですよね。でもこれだけなら特別なことをしなくても、洗顔と保湿を丁寧に行っていれば自然と治ります。

肌力

しかし、これだと一時的に治ってもまたニキビができてしまい繰り返し同じことで悩むことになる確率が高いですし、一刻も早く治したいという思いから余計なスキンケアを始めたりして余計に悪化させてしまいなかなか治らないといったことにもなりかねません。現にスキンケアだけでは治らない、または繰り返すから困っているんですよね。

続かないというのはニキビができている時は真剣に肌質改善に取り組もうと思うものですが、見た目が綺麗になってしまえば危機感がなくなり中途半端でやめてしまうことや、いっぺんに全てを改善しようと慣れないことを無理して頑張ってストレスになってしまうのが原因です。

ターンオーバーを乱す原因になるストレスや食生活、ホルモンバランスなどは言うなれば生活習慣病みたいなものです。生活習慣病は日々の小さいことが長年積み重なって限度を超えると大きな病気を起こします。これを改善するのも日々の積み重ねしかないので長期戦になります。しかし、気付くのが早ければ早いほど改善するのも楽になります。お肌の改善も同じで、まずは長期戦になることを理解してから参戦する必要があります。

生活習慣を大きく変えるには非常に大きなエネルギーを必要とします。いっぺんに全てを改善するのではなく、一つのことから始めることが長期戦を戦うコツです。一つ一つを良い習慣にしていくことが大切です。

これを踏まえて笑美が成功したニキビ解消法を紹介します。

喜ぶ

笑美がニキビ解消のためにたった一つだけ意識したこと

毎日スキンケアを行うのは前提ですが、たった一つだけ意識をしたのはホルモンバランスを整えることです。

とは言っても最初からホルモンバランスの改善に取り組んだわけではありません。生活習慣を見直すと決めて最初にやったのは睡眠不足の改善です。恥ずかしながらお酒が好きだった私はハチャメチャな生活をしていました。そこを改善するためにもしっかり睡眠をとることにしたんです。

毎日必ず24時には寝るようにしました。全然早くないと言われそうですが、仕事が終わって飲みに行くには時間がなく、それでも自炊したりちょっとした買い物をしたりしてもゆとりがあるくらいの時間に設定しました。ストレスのかからないくらいの時間に設定したわけです。

睡眠

それでも毎晩飲んでいたお酒も飲まなくなったり、自炊するようになったので特に意識することもなく必然的に食生活も変わっていきました。

そんな時に久しぶりの友人に会ったのがきっかけでホルモンバランスを意識するようになったのです。詳細はプロフィールの方を見てください。なぜホルモンバランスなのかですが、きっかけとなった友人に紹介されたプラセンタのサプリメントについて調べているうちに、男性ホルモンがニキビ悪化の要因でもありますし、ホルモンバランスを改善することでストレスや代謝など他の要因への波及効果が見込めるというのが効率的だと感じたからです。

まずやったことは基礎体温を測って自分のホルモンバランスが乱れていないか調べること。ホルモンバランスの調べ方の記事もチェックしてみてください。この方法でやっぱりホルモンバランスが乱れているという結論に達したのでホルモンバランスの改善に取り組み始めました。

幸い睡眠不足を解消するために自炊をするようになっていたので、主に気をつけたのは栄養バランスです。一人暮らしだったのでなかなか大変でした。最初の頃は手間はかかるし食材は余るしでやめようかと思ってしまいました。でも、ここでニキビを治しておけば今までみたいに悩まなくて済むと思って続けました。

自炊

それと同時にプラセンタのサプリメントを飲むようにしました。美肌の友人が飲んでいて、ホルモンバランスを効率的に整えるのに適していたからです。

特に気に入ったのがプラセンタはイソフラボンみたいにホルモン様作用のあるものを補充するということではなく、自分の身体の機能を活性化させることでホルモンバランスを整えていくということで、自浄能力を高める作用があるというところです。ホルモン剤ではないので副作用などの心配もないですし。

笑美がやったのはこれだけです。今では羨ましがられるほど肌が綺麗になり悩むことはなくなりました。毎日の些細なことの積み重ねで肌力がついたおかげです。

そうは言っても全くニキビができないというわけではありません。ちょっと夜更かしした時などはやはりできてしまいますが、ひどくなる前には通常のスキンケアだけで治ります。このことからも肌力がついたということもそうですが、寝不足やストレスなど内面的なことがニキビに大きく関わっているんだなと実感します。

ニキビで悩む一番の要因はなかなか治らないことです。肌力がついてしまえばニキビができてしまっても治りが早いです。毎日スキンケアだけを頑張っているのならもう一度ニキビケアを考え直してみてください。

>>ホルモンバランスを整えるためのプラセンタサプリの選び方

>>笑美が選ぶホルモンバランスを整えるプラセンタサプリ3選