ニキビ女史 笑美のニキビ克服プロフィール

ニキビ女史当サイトにご訪問いただきありがとうございます。
管理人のニキビ女史「笑美(エミ)」です。

このサイトに興味を持っていただけている人は少なからずニキビや肌荒れによる悩みを持っていると思います。笑美も約10年の間、ニキビや肌荒れに悩まされた一人です。しかし今では友人にも「肌きれいになったね!」と言われるほどうるぷる肌を取り戻すことができました。この経験を生かし、現在ニキビや肌荒れに悩む人の改善策の参考になればと思いこのサイトを立ち上げることにしました。

まずは笑美がうるぷる肌を手に入れた経緯を簡単に紹介しておきます。

汗まみれの学生時代

笑美は中学高校と運動部に入り汗まみれの生活をしていました。週6で練習があり毎日へとへとになってました。動きまわるのでお腹がすぐに空くのですが公立中学校に学食があるわけでもなく、都合のいいことに学校の周りにお店などもなかったので家に帰るとすぐに夕食を食べ、さらにその後おやつと称しお菓子を食べたりしていました。

高校に入ると学校に学食もあるし周囲にお店もたくさんあるしで、さらに通学路にもたくさんお店があるわけです。やたら食べていましたね(笑)。1日4食なんて日もざらにありました

しかし、幸いにもニキビや肌荒れに悩まされた記憶はあまりありません。ニキビができなかったわけではありませんが、できてもしばらくするとなくなってましたし、部活で忙しくて気にも留めていなかったのだと思います。確かに当時はおしゃれなどもあまり気にしていませんでしたし、食べたいものは好きなだけ食べていて、はたから見ればまるでかわいげのないガサツな女の子だったと思います。今思えばそれが良かったのかもしれません。ホルモンバランスが大きく変化する時期でしたが、運動のおかげで代謝も良く、部活以外のことに無頓着で悩みもほとんどなく、ストレスに感じることがなかったと思います。ありえないくらい能天気だったんです

生活が一変ニキビが・・・

学生時代に部活ばかりしていた笑美は大学には行けず、やりたいこともなかったので某アパレルメーカーの販売員をすることになりました。いままでおしゃれなどに気をまわさなかった私がです。当然、毎日が勉強の日々でした。

それでも一応女の子なのでどんどんおしゃれに興味を持ち始め、お化粧も積極的に勉強し「あなた誰?」と知り合いには言われそうなくらい化けることが可能なほど上達しました。が、ここからニキビとの戦いの日々が始まりました。

最初はおでこにニキビが数個できただけなのですが、以前と違いその数個に過剰に反応し速攻でクレアラシルを買いに走りましいた。ニキビに慣れていなかったのでニキビを治すにはクレアラシルとしか思ってなかったんですね(笑)。で、実際に治ったんです。こうなればますますニキビができたらクレアラシルさえあれば大丈夫と思っていました。

しかし、そうはいきませんでした。だんだんニキビも頬や口周りにできるようになり、クレアラシルで治ってもまたすぐにできてしまうし、ニキビの数もどんどん増え大きさもだんだん大きくなっていったので、ついにはお化粧でどうにかなるレベルを超えてしまい仕事仲間にもどうしたの?と心配される始末。

まず頼ったのがニキビ用の洗顔料や化粧水などのケア用品でしたが、多少落ち着きはするものの目に見えた違いは感じられず、化粧ののりも悪いのでだんだん販売員として働いているのもつらくなっていきました。お客さんと話す時でも相手が私のニキビに目をやっているような被害妄想がどんどん膨らんでいき、人と会うこと自体が辛くなり、半ば鬱のような状態になってしまったので仕事も辞めてしまいました。

原因がニキビなだけにニキビさえなくなればと自分を慰めたり、鏡で自分を見るのも嫌!と鏡をたたき割ったりとかなり情緒不安定な状態でもありましたが、仕事を辞めて引きこもりのような生活を続けていると不思議なことにニキビが少し改善されていきました。なんで?と思い考えてみると、仕事をやめて一番変わったのはお化粧をしなくなったこと。それと睡眠時間をたっぷりとれるようになったことでした。もちろんこの間ニキビ改善に良いとされることはいろいろやっていましたが、おそらく厚化粧と寝不足が主な原因だったと思います。学生の頃は運動ばかりしていましたが、全く体を動かさなくなったのも一つの要因だったかもしれません。

でもニキビの根本的な原因は違う所にありました

ニキビが改善傾向にありましたが、まだ間断なくできてしまうので接客業は避け、派遣で事務職として働き始めました。事務職ならマスクでニキビを隠すことができると考えたからです。

しかし、働き出してみるとやはりニキビは増え始め、あれよあれよという間に元通りのニキビ顔になってしまいました。お化粧はかなり薄めにしていたし、定時で帰宅していたので睡眠もしっかり取っていたのにです。この頃は食事などにも気を配り、脂ものやおやつなども控え野菜なども多めに摂るようにしていましたが一向に改善されていく気配がありませんでした。

そこで気づいたのがストレスが原因では?ということです。仕事を始めれば当然人と関わらなければなりませんし、人と関わるとどうしてもニキビのことが気になりストレスがどんどん膨れてホルモンバランスが乱れるようになってしまうことでニキビや肌荒れが起こるのが原因ではないかという考えに至りました。

それでもストレスなんて簡単に無くすことはできません。どうすればいいかと悩んでいた時に、会社のパートのおばさんが勧めてくれたのがプラセンタでした。そのおばさんは健康と美容のためにプラセンタのサプリメントを飲んでいるということで、実際年齢不詳なくらいどこからどう見ても実年齢よりは若く見える人でした。(この時初めて年齢を聞いてビックリしたのを覚えています)おばさん曰く、プラセンタはニキビにも効果的だしストレス緩和やホルモンバランスを整えるのにも効果的だということで、実際おばさんを見ると妙に納得させられました。

それからプラセンタのことをいろいろ調べてみると、本当に美容と健康の両面で非常に魅力的な効果があることがわかり、早速サプリメントを飲み始めることにしました。体の内側から体質自体を変えていくのには時間がかかることはわかっていたので外からのニキビケアは今まで通り行い、少し運動をするようにしました。

プラセンタを飲み初めて最初に驚いたのはニキビが増えたこと。え~~~~~!!!って感じでした。おばさんに聞いたところ、プラセンタの飲み始めには良くあることのようで好転反応であることがわかり一安心。

でもニキビが増えて良い思いはしませんので飲むのやめようかとも考えましたが、ここでやめると何も変わらないわよとおばさんにも言われたので飲み続けてみると、ニキビがだんだん落ち着き始め、新たにニキビができることが少なくなり、いままで頑固にも顔の大部分を占領していたニキビも消えていき、ニキビ跡も薄れていくという目覚ましい改善を実感していきました。

この時はうれしかったですね。もう長いことニキビや肌荒れがない状態なんて無かったのですが、このままいけば本当にニキビなどが解消できるのでは?という期待が膨らんでました。こんな汚かった肌が治ると思うとがぜんやる気が出て、プラセンタと共に表面からのケアにも力が入り、より自分の肌に合うものを探していろいろな商品を試していました。

それから約2年。肌トラブルが全く無くなったというわけではありませんが以前のように長引くことはなく、マスクなしで街を歩けるようになったどころか周りの人たちに羨ましがられるほどの美肌を手に入れることに成功し、自分に自信を持てるようになりました。

ホルモンバランスがやはり大切

結局のところ私の場合ホルモンバランスの乱れが肌トラブルの原因だったようです。思春期のニキビは成長期に伴うホルモンバランスの乱れが大きくかかわっているものですが、大人ニキビになると表面的なものに囚われ意外と見落とされがちです。しかしホルモンバランスの乱れを改善することで、ニキビだけではなく身体全体のバランスを整えることができ、肉体的・精神的健康と共にお肌の健康も改善されるという良い流れを作ることが大切だったのです。

自分に自信を持てるようになって3年が経った今では、加齢によるお肌の衰えが気になり始める世代になっていますが、相変わらずのうるぷる肌を維持し続け「笑美はいったい何してるの?なんでそんなに肌きれいなの?」と尋ねられることが多くなっています。

数年前までマスクを必需品にし、なるべく人に顔を見られないように常にうつむき加減だった私ですが、マスクをせずに外出し、堂々と顔を上げて生活できるようになったら友人も増え、楽しいおしゃべりをし、男性とも臆せずに話せるようになりました。

私がこのようになれたのは、あのパートのおばさんに出会えたのがきっかけです。パートのおばさん無くして今の私はないと思っていて本当に感謝しています。

ですので私もこのサイトを通じ、ニキビや肌荒れに本気で悩んでいるあなたの”何か”のきっかけになれるとうれしく思います。

特定商取引法記載事項と免責事項

当サイトではニキビ女史「笑美」が実際に使用した商品など、多くのニキビケア商品を紹介しており、閲覧者様の利便性を図るため販売者様のページへ直接移動できるように一部アフィリエイトサービスを採用させていただいております。しかし、当サイトが直接販売をしているわけではありませんので閲覧者様が購入した際の取引情報や状況は当方では一切把握することができません。従いまして商品購入や配送に関するお問い合わせは直接販売者様にお願いいたします。万一のトラブルなどにつきましては消費者センターにご相談ください。

また、当サイトの情報には笑美の主観によるものも数多く含まれており、特に商品等の効果に関しては笑美個人が実感した感想であり、必ずしもすべての人に保証できるものではありません。万一身体に異常を感じることがありましたらすぐに使用を中止し、医師にご相談されるようお願いします。